試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

開幕黒星もファンが納得する負け方

「発展途上のチーム。恐れず攻めていきたい。いろんなことにチャレンジしながらグイグイ。負けてもファンが納得する負け方をしたい」

 きのう、金本監督はこう言っていた。そして、まさにその通りの野球をした。

 金本阪神初戦は2対5で敗れた。4回から8回まで小刻みに1点ずつ取られ、対する阪神打線は1回と5回に1点ずつ。昨季、防御率0点台に抑えられた天敵・大野から初回に得点したのはよかったが、終わってみれば、またしても勝ち星を献上してしまった。

 ただ、得点シーンはファンが大いに沸くものだった。まず初回。一番に抜てきされたルーキー・高山がプロ初安打で出塁すると、二番・横田は投ゴロも、俊足を生かして一塁に残る。続くヘイグの2球目にプロ初盗塁を決め、そのヘイグの適時打で初得点。金本監督は併殺になる可能性が低く、盗塁すれば走者を進めたのと同じ形を作れる横田の「足」を買って二番に起用したが、それが見事に的中した攻撃だった。

 5回の得点も「足」を使ってもぎ取ったものだ。先頭・西岡が中前打で出塁し、続く岡﨑が初球にヒットエンドランを決めて無死一、三塁。バスターをしたメッセンジャーの打球は高く弾んだサードゴロで、三塁・高橋は西岡をしっかりと目でけん制して二塁・荒木に送球したが、その荒木が走者から目を切ったと見るや、西岡がスタートを切る。メッセンジャーが一塁に全力疾走していたこともあり、併殺崩れの間に西岡がホームを駆け抜けた。

 二死後、一塁走者のメッセンジャーは、大野のモーションを盗んでノーサインでスチール。無警戒だった捕手・桂の悪送球を誘い、一気に三塁を陥れた。横田が倒れて追加点はならなかったが、メッセンジャーの気迫が伝わってくる走塁だった。

「横田もしっかり走って、(西岡)ツヨシもナイス判断。メッセの一塁への全力疾走もあったし、きょうはみんなが目いっぱいのプレーをしてくれたと思う。いつもいつも攻めると逆手に取られることもあるから、何でもイケイケじゃいけないけど、怖がらずに攻めていきたい。僕が恐れたら、選手が恐れてしまうから。本当にきょうはみんなが目いっぱいやってくれた。これを1年間、続けてほしい。きょうは負けたけど、本当にいいものを見せてもらった」

 金本監督と同じ思いを、全国の阪神ファンが抱いたはずだ。今年の阪神はひと味もふた味も違う。「超変革」を感じられる開幕戦だった。