試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

終盤の追い上げも届かずホームで連敗

1番から4番まで3割バッターがズラリ。
そんなヤクルトの強力上位打線を先発の青柳は寄せ付けなかった。坂口と青木は2球で追い込み、難しい球に手を出させて平凡な内野ゴロ。3番・山田も追い込んでからアウトローへのスライダーが決まり見逃し三振、前日まで4試合続けて初回に失点していたが青柳は立ち上がりをピシャリと抑えた。

すると打線はその裏、糸原の2塁打と植田の送りバントで1死3塁とし大山の内野ゴロの間に糸原が生還。先制に成功した。

しかし青柳は直後に同点を許し3回に2点の勝ち越しを許してしまう。6回に2死2塁とし打順がトップに返って左打者が続くところでマウンドを降り「慎重になり過ぎたというか結構粘られてしまって球数が多くなってしまった。野手の方が点取ってもらった後にピンチで粘れなかった、簡単に点取られてしまったところは悔いが残ります」

2番手・岩崎もこのピンチは凌ぐがイニングを跨いだ7回、野手の間に落ちる安打などもあり3点を失ってしまう。

残る攻撃イニングは3回で追う点差は5点、厳しい展開となったが打線はここから追い上げを見せる。

7回に先頭の陽川が安打で出塁すると1死後、伊藤隼の打球をヤクルトのセカンド・山田が併殺を焦ったのかトンネル。1、3塁とチャンスを広げた。梅野の併殺崩れの間に1点を返すと、代打・鳥谷が左中間に適時2塁打を放つ。

8回には1死から大山と糸井の連打で2、3塁のチャンスを作り、陽川の打球はレフト前で弾む。3連打で4点目を奪って2点差に迫り、なおも塁上に走者が2人。さらに代打・原口が死球を受け逆転の走者を出した。しかし一打同点、外野を抜ければ逆転というチャンスで伊藤隼、梅野のバットから快音は聞かれず。9回にも得点圏に走者を置き、一発が出れば同点という場面は作ったがヤクルトの守護神・石山を攻略ならず。

甲子園から始まった7連戦はまさかの黒星が並んだが、今季ビジターでの勝率は5割超え。明日からは得意のDeNA戦で連勝を狙う。