試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

サンズのサヨナラ弾で13連戦に弾み

13連戦の初戦、大事な試合の先発を任された高橋は、立ち上がりにヤクルトの主軸、山田と村上を連続三振。2回は1死1塁から狙い通りの内野ゴロを打たせ併殺打に仕留める。3回から降り出した強い雨の中でも集中力を切らさず、中盤は三者凡退のイニングを続けた。

援護したい打線は4回、先頭の木浪が安打で出塁すると1死後、サンズの放った鋭い打球が3塁線を破る。ヤクルトのレフト・中山がクッションボールの処理にわずかながらもたつくと、3塁コーチを務める藤本内野守備走塁コーチはその隙を見逃さない。勢いよく手を回し木浪は送球よりも早くホームに到達、1塁から長駆生還を果たし先制に成功した。

リードして迎えた7回、ほぼ完璧な投球を続けていた高橋が2死から初回以来となる安打を浴び、ピンチを招く。終盤になってもインコースのストレートを投げ込むなど球威は保っていた。しかし2死1、2塁から良い当たりではなかった打球が1、2塁間の真ん中に飛ぶコースヒットの適時打となり同点とされてしまう。次打者にも四球を与え、なおも満塁とピンチは広がった。すでに球数は100球を超えていたがベンチは動かない。厳しい場面を託された将来の左のエース候補は代打で出場した球界屈指の好打者、ヤクルトの青木をショートゴロに抑え最大の山場を切り抜けた。

8回は岩貞がピシャリと三者凡退。9回はスアレスが1死2、3塁のピンチを凌ぐと直後に歓喜の瞬間が訪れた。

9回の攻撃で先頭のサンズが捉えた打球はグングン伸び左中間へ一直線。

「どうしても勝ちたかったので、来たボールをしっかり打ち返す気持ちで打席に向かいました。感触は良かったです。打った瞬間、入ったなと思いました」

今季13号は劇的なサヨナラアーチ。4番の一振りが試合を決めた。

13連戦の初戦を白星スタートで飾った矢野監督は「ここまでピッチャーつぎ込んで勝つ、負けるっていうのは大きく違うので、粘って勝ったので、明日は打線が点取ってピッチャーを楽に勝つっていうゲームをやりたいですね」大型連戦は大型連勝のチャンスだ。