試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

サンズの同点弾は惜しくも空砲に

ショートゴロ、ショートゴロ、センターフライ。
藤川の登場曲であるリンドバーグの「every little thing every precious thing」が流れる中、先発マウンドに上がったガルシアは安定した立ち上がりを見せた。2回に無死3塁、3回に1死1、2塁のピンチを招くがどちらも最少失点で切り抜ける。打線の反撃を信じ、粘りの投球を続けていた。

しかし打線は1回り目に走者を出せないなどヤクルト先発のアンダースロー投手、山中を打ちあぐねていた。2回り目となった4回に木浪、糸井が連打を放ち、チャンスメイクするがあと1本は出ず。

ホームが遠い展開の中、ガルシアはセカンド・小幡の好守にも助けられ6回2失点。先発として試合を作った。

「今日は球児さんの登場曲を使わせてもらって、球児さんの想いを背負ってマウンドに上がったよ。先制はされてしまったけれど、粘りのピッチングはできたと思う」

7回には望月がマウンドに上がり、いきなり連打を浴びたが後続を抑え追加点を与えない。すると直後の攻撃で前夜のヒーローのバットが再び火を吹いた。

先頭の糸井が安打で出塁するとサンズがバックスクリーンに2点本塁打を叩き込む。

「山中投手にずっと良いピッチングをされていた中で、糸井さんが出塁してくれたから還したいと思っていたし、珍しく甘く入ったボールを一発で仕留めることができて良かったよ」

前日のサヨナラアーチに続いて助っ人が大仕事。4番の一振りで同点に追いついた。

延長10回に勝ち越しを許すがそのまま簡単には終わらない。1死から梅野、中谷の連打で走者をためる。一打同点、長打が出れば逆転サヨナラの場面で打順はトップへ。しかし、今季併殺打がなかった切り込み隊長の近本は併殺打に倒れてしまう。

白星をつかむことは出来なかったが、明日の先発はチームトップの6勝を挙げている青柳。13連戦最初のカードで勝ち越しを決めたい。