試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

幸運な決勝点で4カード連続勝ち越し

あまりにも鮮やかな先制攻撃、初回にわずか10球足らずで先制に成功した。

近本が死球を受けて出塁すると、自慢の俊足でプレッシャーをかけ相手のバッテリーミスを誘う。労せず無死2塁のチャンスを作り、2番の木浪は右中間に適時2塁打を放つ。この後さらに2死3塁から大山の適時打で1点を追加。試合開始早々に主導権を握った。

援護をもらった先発・青柳は3回まで被安打1で無失点。4回に同点とされてしまうが、守備のビッグプレーがチームを救った。2死1塁から右中間への当たりでライト・糸井〜セカンド・小幡とつなぎ生還を狙った走者をホームで刺す。完璧な中継プレーで勝ち越し点は許さなかった。

守備の好プレーは続き、6回1死1、3塁も木浪と小幡の二遊間が機敏な動きで併殺を完成させ失点を防ぐ。青柳は7回にも無死2、3塁とされたがそこから粘り2死を奪う。打順がトップに返り、左打者が続く場面でリリーフを仰いだが7回途中までマウンドを守り、試合を作った。

この後、勝ち越し点を奪われるが、その裏にすぐさま反撃する。7回先頭のボーアの安打から2死2、3塁とチャンスメイク。この場面で相手投手が走者状況を勘違いし1塁に牽制球を投げてしまう。ボールが1塁ファールゾーンを転々とする間に3走の植田が同点のホームへ、盗塁を決め2塁に進んでいた陽川が逆転のホームを駆け抜ける。ラッキーな形で試合をひっくり返した。

リードを奪うと8回はガンケル、9回は岩崎のリレーで逃げ切りに成功。プロ初セーブを挙げた岩崎は「普段あまり緊張しないですけど、久々に緊張しました。とにかく0点で終われば良いと思っていたので目の前のバッターに集中しました」

4カード連続となる勝ち越しを決め、明日からはいよいよ首位・巨人を甲子園で迎え撃つ。矢野監督は「勝たないと僕らが上に行けないと重々わかってますし、タイガースファンの皆さんの思いも十分にわかってるんで、その思いを4連戦、しっかりぶつけていきたいと思います」優勝のためにもここで一気に叩く。