試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

逆転Vへ。全員野球で宿敵巨人を破る

目指すはもちろん4連勝。必勝を期して臨んだ巨人との首位攻防戦、先発の西勇が見事な立ち上がりを見せた。

テンポ良く追い込み、投手有利のカウントを作るとボールゾーンの変化球で空振りを奪う。制球力に優れた好投手だけに許されたリスクの少ない理想的な組み立てで巨人打線を封じ込む。エースが好投すると打線も早々に応えた。

2回、先頭の大山が捉えた打球はレフトスタンドへ一直線。

「入ってくれと思って走っていたので入ってくれて良かったです。先に点数が欲しいと思っていたので塁に出ることを考えていたんですけど、結果的にホームランになって先制点取れたので良かったです」

この後さらに1死1、3塁から西勇のセーフティスクイズで1点を追加した。

援護点をもらった西勇は巨人打線に得点を許すどころか2塁すら踏ませない。6回まで1安打ピッチングで巨人のスコアボードに0を並べた。

欲しかった中押し点は6回だ。まずは先頭の糸井が2塁打を放ちチャンスメイク。代走の江越が3盗を決めるとサンズの放った打球はバックスクリーンに突き刺さる2点本塁打。効果的な一発でリードを4点に広げ、さらに1死1、2塁から「相手のピッチャーが(同世代で同じ宮崎出身の)戸郷だったので、絶対、打ってやろうと思ってました」という小幡の適時打で5点目を奪う。巨人を大きく突き放した。

勝利まであとアウト9つ。しかし西勇が終盤につかまり7回に2失点、8回も2点適時打を浴びたところでマウンドを降りた。2死ながら走者は残り、流れは相手。一発が出れば逆転されてしまう状況で矢野監督は決断する。守護神・スアレスをマウンドに送った。スアレスは159キロのストレートで空振り三振を奪い、同点を許さない。

イニングを跨いだスアレスは9回も三者凡退に抑え逃げ切りに成功。試合後の矢野監督は「僕らは1戦1戦、目の前の試合をどう戦うかということが今日は出来たので、明日も全員で精一杯戦います」負けられない戦いが続く中、全員野球でまずはカード初戦を取った。