試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

青柳 粘り切れずベイに完敗

鮮やかな先制劇も虚しく先発右腕の不調であっさり主導権を奪われた阪神が、覇気のない試合展開のまま押し切られた。    

今季は未勝利のDeNA先発・上茶谷に対する阪神は、3試合振りに3番で糸井を起用する。初回先頭・近本の左中間二塁打から一死3塁として、糸井の中犠飛で効率よく先取点を入れた。

阪神先発・青柳を迎え撃つDeNAは、梶谷・神里の1・2番以下6人の左打者を並べて攻略を図る。立ち上がり不安定な青柳は、初回一死1塁から3番ソト・4番 佐野にレフト線へ2者連続適時二塁打を浴びて、あっさりと逆転を許した。

2回以降は両投手が立ち直り、序盤はこのままの点差で進む。上茶谷は果敢に打者の内角を攻める速球が冴えて、力で猛虎打線を封じ込めて行く。4回裏 青柳は佐野・宮崎の長短打などで無死2・3塁とされるが、倉本・一ゴロ。柴田は申告敬遠で一死満塁となるも、上茶谷・戸柱を退けた。

5回裏 DeNAは梶谷の左二塁打と神里・バント安打で無死1・3塁とまたチャンスを作る。青柳はソトを空振り三振に斬ったが、4番 佐野に右中間2点適時二塁打を浴びて、DeNAに大きな追加点を許してしまう。青柳は5回(75球)8安打4三振1四球4失点で降板となった。「連戦の中で、早い回でマウンドを降りてしまい、中継ぎの方々に負担をかけて申し訳ない」。青柳晃洋投手は、力なく振り返っている。6回裏から阪神は継投に入る。6回は能見。7回裏は馬場が走者を背負いながらも無失点で凌ぐ。

7回表 阪神はサンズ・ボーアの安打で二死1・3塁としたが、7番 梅野はフルカウントから右飛に倒れて上茶谷を崩す事が出来なかった。上茶谷は7回(107球)を5安打3三振1四球1失点と申し分ない内容で、後を救援陣へと繋いでいる。

8回表をDeNA2人目・石田に抑えられた阪神は、その裏 4人目・望月が作った一死2・3塁を継いだ小川が、連続暴投でダメ押し点を献上。6対1となって、最後はDeNA・パットンが締め括り、風雨の中で試合が終わる。上茶谷が漸く今季初勝利を飾った。完敗を喫した阪神は、引分を挟む3連敗となって勝率5割に逆戻り。遂に首位巨人とのゲーム差が10と二桁に開いている。

この日は、チャンスにおける有効打の数で圧倒的にDeNAが上回った。負ける時はこういうものかも知れないが、ペナントレースの大事な局面で二枚腰、三枚腰を見せられず、あっさり土俵を割るような戦いぶりが歯痒く思える。敗戦の中で、近本・大山はマルチ安打で気を吐いた。

「(青柳は、被安打の内容が)ゴロヒットもあったし、球自体はそんなに悪いとは感じていなかったけど。ツーシームを反対方向に打ってきたり、、向こうが対策をして来ている中で、青柳も中盤まで何とか粘ってくれていたけど・・」。福原 忍投手コーチが、思い口を開く。4番 佐野にやられた印象が強いが、「佐野も勿論、あそこの3・4・5番のクリーンアップを何とか抑えていかないと大量失点に繋がってしまうから、そこで粘れるようにバッテリーでやって行く」と対策を口にしていた。