試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

サンズ逆転弾!接戦にケリ 

激しい打撃戦で追いつ追われつの展開となる中、4番の価値ある一発に救われた阪神が際どくDeNAの追撃をかわした。

DeNA先発は、ここまで2勝を挙げているピープルズ。前夜と同じ並びの阪神打線は、初回3者凡退僅か10球であっさり攻撃を終える。2回表二死からボーア・梅野の連打で1・3塁とチャンスを作るも8番 木浪は遊ゴロに倒れた。

阪神は2年目右腕・斎藤がプロ初先発。6試合連続2桁安打中のDeNAは2番 細川。柴田・大和の二遊間で6・7番を形成する。初回は二死からソトに四球を与えるが、4番 佐野をニゴロに打ち取り無失点で立ち上がった。2回裏も二死から大和に粘られ四球で出塁を許すが、8番ピープルズを空振り三振に斬っている。

3回表 阪神は先頭・斎藤の高く弾んだラッキーなプロ初安打(投手内野安打)と近本・左二塁打で無死2・3塁の絶好機を得る。ここで2番 糸原は弱い打球が幸いする一塁適時内野安打で先制。一死後4番サンズの中犠飛で2点目を挙げた。先制打の糸原健斗内野手が言う。「打ったのはカーブ。ユキヤ(斎藤)が良く走ってくれたので、何としても返したいと思っていた」。ジェリー・サンズ外野手も次のように振り返る。「打ったのはカットボール。斎藤がよく走ってくれたし、近本・糸原もチャンスの場面を作ってくれたから返す事に集中出来たよ。少し打ち損じてしまったけど、最低限の仕事は出来たね」。

その裏 DeNAは先頭・戸柱が左前安打で出塁。梶谷・四球と細川・中前安打で無死満塁とする。このピンチに斎藤は、粘るソトを空振り三振に取るが、4番 佐野に詰まりながらも中前に適時安打を落とされ1点。続く宮崎にも中犠飛を打上げられて同点とされた。

3回(77球)まで投げて3安打3三振3四球2失点。降板後、齋藤友貴哉投手が、ほろ苦いプロ初先発を振り返る。「無駄な四球を出してしまった点や、投球リズムが悪くなった事が反省だし、早い回でマウンドを降りてしまいチームの皆さんに申し訳ない気持ち。(プロ初先発については)力が入ってしまったし悔しい結果になったが、この経験をしっかり次に生かす事が出来るようにして行く」。

4回表 阪神は一死から梅野・木浪の連打で1・2塁。ここでベンチは斎藤に代打・陽川を送る。陽川は外角カットボールを捉えて右翼ポール際へ2号3ランアーチを放ち、阪神が5対2と再びリードを奪った。陽川尚将内野手が振り返る。「チャンスの場面での代打だったので、何としても走者を返す気持ちで打った。(打球が飛んでから)入れ!と思いながら走った。入ってくれて良かった」。

その裏 阪神2人目・能見が登板するも、一死からピープルズの代打・蝦名にバックスクリーンへプロ初本塁打を浴びると、続く9番 戸柱にも2者連続となるライトポール際への3号ソロ本塁打を打たれて、あっという間に1点差に詰め寄られる。能見は梶谷にもヒットを許して、馬場と交代した。馬場は、回跨ぎで5回裏までリードを保つ。

5回表にはDeNA2人目・山崎から先頭・糸井が左越え二塁打を放つと、サンズはツーシームに三振も暴投で振り逃げ。無死1・3塁から5番 大山が難しい球を運んで右犠飛とする。大山悠輔内野手は、「打ったのはツーシーム。何が起きるか分からない球場だし、1点でも多く追加点が欲しいので、最低限の仕事が出来て良かった」と話している。

しかし、スンナリとは行かない。6回裏 阪神4人目・ガンケルは四球と戸柱・中前安打で無死1・2塁とピンチを招くと、1番 梶谷に左越え適時二塁打を浴びて1点差に迫られる。更に一死2・3塁で3番ソトに中前2点適時安打を許して、7対6。遂に逆転されてしまった。

追いかける立場に変わった阪神だが、7回表DeNA4人目・国吉を攻めて一死1塁から4番サンズが甘く入った変化球を捉え、レフトスタンドへの17号逆転2ランで再びリードを奪う。「打ったのはカットボール。1点負けてる展開で、糸原が何とか出てくれたので、それに続こうと言う気持ちで打席に入ったよ。甘く入って来た球をしっかり仕留める事が出来たし、逆転する事が出来て良かったよ」。この日も勝負強さを発揮したジェリー・サンズ外野手が胸を張った。

阪神は、その裏から5人目・岩貞が投げ、8回裏二死1塁で抑えのスアレスへ繋ぐ。スアレスは、この場面ソトを遊ゴロに打ち取ると、最終回も3者凡退で守護神がきっちりとゼロで乗り切って、8対7のルーズベルトゲームを阪神が制した。勝ちはガンケルについて来日初勝利。スアレスが14セーブ。連夜の厳しい展開の中で、チーム全体で何とかカード負け越しを阻止する粘りを見せた事は、高く評価すべきだろう。

「大変厳しい状況だったので。どうにか打ちたい!と言う場面で、1点負けてる状態を2ラン本塁打と言うカタチで逆転出来て良かった」。ヒーローインタビューにジェリー・サンズ外野手が答える。4番の働きについては、「嬉しいけど、4番というだけで、打順の中の一つなので、そこは意識せずに。前にいる走者たちが良い働きをしてくれているので、それをどうにか返したいという気持ちで、いつも打席に臨んでいる」とサラリ。9月はこれで5本塁打と好調を維持している。「調子は凄くイイので、この状態を続けられるように。毎日練習して、集中を切らさずにこれからも続けて行きたいと思う」。

「当然緊張はあったと思うし、反省しなければいけない部分は多かったけど、強い球は行っていたし、調子の良いDeNA打線に対して差し込めていたので、この経験を糧にもっともっと上を目指して取り組んで行って貰えたらと思う」。福原 忍投手コーチは、プロ初先発の齋藤に一定の評価を与える。連日負担がかかる救援陣に関しては、「連戦が続く中で今日も早い回から行ってもらう展開になってしまったし、イニング跨ぎをしてもらったり、本当にしんどいと思うけど、甲子園に帰ってもう一踏ん張り頑張って欲しい」と13連戦締めの広島戦(甲子園)へ向けての思いを吐露していた。