試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

終盤猛追!意地見せた

主力を休ませて若手中心の巨人左打線に自慢の変則右腕が打ち込まれた阪神は、終盤必死の反撃を見せるも、あと一歩及ばなかった。

巨人先発・田口に挑む阪神は7番 陽川、8番小幡と下位打線を変えて臨む。初回先頭・近本が右前安打で出塁するが、梅野・二直の後、糸原がニゴロ併殺に倒れた。2回以降、田口は7回まで無四球で1人の走者も許さない完璧な投球を見せ、しっかりと試合を作って行く。

元木ヘッドが虫垂炎で入院。急遽 阿部二軍監督が一軍ヘッドコーチ代行を務める事になった巨人は、坂本が体調不良、岡本も軽い腰痛の為、共にスタメンを外れる。松原・吉川尚・亀井・丸・大城・若林・田中俊・立岡・田口と両打ちの若林を含めて、阪神先発・青柳に対して全員左打者を並べた。青柳は、初回いきなり先頭・松原にストレートの四球。すかさず盗塁を決められたが、丸・四球を挟んで後続を抑える。

2回裏 一死から巨人は、7番 田中俊が青柳の初球をライトスタンドへ運ぶ見事な1号ソロ本塁打を放って、鮮やかに先制した。4回裏には、その田中俊の右二塁打で一死2塁として8番 立岡が中前適時安打。難敵・青柳を下位打線が捉えて巨人が優位に試合を進める。

この日の青柳は、真っ直ぐの威力はあってもコントロールのばらつきが目立って、なかなかリズムを掴めない。5回裏も先頭・丸を歩かせ大城・右前安打の無死1・3塁から6番 若林に右前適時安打を浴びて3点目を献上したところでKOとなった。代わった桑原も田中俊に左前適時安打を許した後、8番 立岡にはライトスタンドへの今季1号3ランを打ち込まれて、7対0と大勢が決した。

青柳は、4回0/3(91球)6安打1三振5四球5失点。福原 忍投手コーチが語る。「今日は全体的にコントロールが定まっていなかったし、左並びの打線を意識し過ぎたところもあったのかな?とは思うけど。こればかりは、ずっと青柳の課題にもなっているし、これまで取り組んで来た事を試合で出せるか?というところと、これから先どう抑えて行くか?というところを考えて行かねばいけないね」。

6回裏 阪神3人目で飯田とのトレードでオリックスから入団した小林が、移籍後初登板。丸への四球と若林・中二塁打で一死2・3塁のピンチを招くも後続を何とか抑えた。小林は続く7回裏も走者を背負いながらもゼロに抑えて、2イニングを無失点で切り抜けている。「すごく緊張はしたが、野手の方やベンチの皆さんに声を掛けて頂いたお陰で、思い切って投げる事が出来た。2イニング投げさせて頂きゼロで抑える事が出来て良かったし、次の登板でもゼロで抑えてチームの戦力になれるように頑張りたい」。小林慶祐投手は猛虎デビュー戦の感想をこのように語っている。

8回表 田口の前にずっと沈黙していた阪神は、大山・陽川のヒットとボーア・死球で一死満塁とこの試合最大のチャンスを迎える。ここで代打・中谷がスライダーを拾ってレフトフェンス直撃の2点適時二塁打を放ち、田口の完封を阻止した。猛虎の意地を見せた中谷将大外野手が、ナインの気持ちを代弁する。「打ったのはスライダー。点差はあるけど1点ずつ返していけば何が起きるか分からないので、打つ事が出来て良かった」。

更に代わった田中豊から、小林の代打・木浪も右中間へ2点適時二塁打で続いて7対4と追いすがる。木浪聖也内野手は言う。「ベンチにいる時から、ずっと準備をしていたし、初球から積極的にスイングしていけた結果がタイムリーに繋がったと思うので。打つ事が出来て良かった」。巨人は3人目・大江が近本・梅野を連続三振に斬って、何とか火消し。3点リードを保つ。

9回表は、守護神・デラロサが登板。阪神は一死後サンズが四球で出塁すると、5番 大山がカウント2-0からの速球を狙いすましてレフトスタンドへ弾丸ライナーで突き刺さる19号2ランを叩き込む。大山悠輔内野手は、「しっかり自分の良いスイングが出来たと思う」とニコリともせずに話した。1点差と迫り、堪らず巨人は5人目・中川を注ぎ込んだ。中川が、ボーア・陽川を連続三振に仕留めて7対6で巨人が辛くも阪神を振り切った。マジックを36とした巨人は引分けを挟み9連勝で、好投・田口が4勝目。首位と11・5差に開いた阪神は、今季東京ドームで8戦8敗となった。

終盤の猛追は素晴らしかったが、内容的には完敗。やはり前半に青柳が巨人の下位打線に打たれた事が敗因だろう。この日は、飛車角抜きで若手中心の巨人打線にしてやられた。それでも、抵抗せず大差で敗れていたら、プライドもズタズタにされてしまっただろう。だから、相手を慌てさせるまでに反撃した事には意味がある。最後まで諦めなかった終盤の気持ちを忘れず、残り試合に全力を尽くしてほしい。