試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

近本から猛虎全開!西 勇連続完封

先頭初球アーチから攻撃の波に乗った阪神が、エース右腕の安定した投球もあって一方的な展開で巨人を圧倒し、漸く東京ドームでの今季初勝利をあげた。

巨人先発・サンチェスに対して阪神は、7番 陽川・8番 木浪の下位打線を組む。初回阪神は1番 近本がプレーボールの初球を叩き、右中間スタンドへ初回先頭打者本塁打を放り込んだ。「打ったのはストレート。コンパクトにスイングすることを強く意識して打席に入った。結果的に本塁打になってくれて、先制する事が出来て良かった」と、近本光司外野手は話している。この後、梅野・左二塁打と大山・内野安打。ボーアの四球で二死満塁とし、7番 陽川が押し出し四球を選んで更に1点を加え、初回阪神が2点を先取した。

2回表には二死から四球・ヒットの1・2塁から真っ直ぐを捉えた4番サンズの中前適時安打と巨人中継の乱れで2点。続く大山も二死2塁から右前適時安打を放って更に1点を追加して、阪神が序盤で5対0と主導権を奪った。しかし、サンズの適時打で生還した梅野が、ベンチに戻ってから異変を訴えて、その裏の守備から坂本がマスクを被る。(試合後「右脇腹の張り」と判明)

「みんなが良い形で繋いでくれたから、何とか還したいと思っていたよ。追加点を取る事が出来て良かったね」とジェリー・サンズ外野手。続いた大山悠輔内野手も、次のように話している。「打ったのはストレート。良い流れで回ってきたので、その流れに乗って打つ事が出来た」。

今季8戦全敗の東京ドームで一矢報いたい阪神は、先発に中5日でエース・西 勇を立てる。巨人は、前夜と同じく坂本・岡本を外したスタメンで、3番には亀井に代わってウィーラーを起用して臨む。西は初回3者凡退で立ち上がり、捕手・梅野がアクシデントで坂本と交代した2回以降も動揺する事なく、テンポの良い自分のピッチングで試合を作って行く。

巨人・サンチェスも3回以降は走者を背負いつつも粘ったが、5回裏の打席で代打を出され交代する。5回(114球)を投げて7安打2三振6四球5失点(自責3)だった。6回表からは2人目・桜井が登板するも、近本にこの試合2本目となる7号ソロ。7回表には6番ボーアに13号ソロを浴びて、7対0とされる。

前々日に続く1試合2本塁打の近本光司外野手が振り返る。「打ったのはチェンジアップ。追加点が(3回から)取れてなかったし、投手が代わったタイミングだったので、塁に出る事を意識していた」。待望の東京ドーム初アーチにジャスティン・ボーア内野手は、「打ったのはストレート。近本が2本打った姿に刺激されて、自分も打つことが出来たね。あとは、今日の試合前練習で福留さんからアドバイスをもらって、そのお陰で打つ事が出来たよ」と話し、ご機嫌だった。

9回表には、巨人3人目・田中豊を攻めて、敵失に坂本の右2点適時二塁打や江越・中犠飛で4点を追加して2ケタ得点。大量点に守られて西も最後まで投げ、2試合連続完封を飾る。11対0と巨人を圧倒し、阪神が東京ドーム9戦目にしてやっと溜飲を下げた。

ここ3試合で4本塁打の近本光司外野手は、「相手投手の球速も速いし、球に力もあるので、少し短く持つ事によって、しっかり捉えられるように」この巨人3連戦は、これまでよりもバットを短く持って臨んでいたと言う。

9回(107球)4安打3三振の無四球完封勝利とエースの貫禄を示した西 勇輝投手は、「連敗が続いていたけど、1つでも多く勝つ為には、目の前の一戦一戦を大事にしていくしかないので、巨人相手にチーム一丸となって良い試合が出来たと思う。大事な試合の途中で(捕手が)坂本に代わったけど、普段からコミュニケーションは十分出来ていたし、何も心配せず目の前の一人一人に集中して投げる事が出来た」と振り返る。

突然のアクシデントにも坂本誠志郎捕手は、見事に対応して見せた。「(リードしていたので)テンポと余計な走者を出さない事を特に意識していた。西さんも色んなバリエーションを持っているので(2人でコミュニケーションを取りつつ)アウトを一つ一つ重ねて行く事が出来たかな?と思う」。

猛虎ナインそれぞれの思いが結集して勝ち取った1勝の意味は、決して小さくないだろう。