試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

大山千金!逆転満塁弾

前半劣勢に立たされるも、勝負どころの一振りで流れを引き寄せた阪神が、敵地で快勝を飾った。

昨晩の試合で走塁の際 脇腹を痛めた阪神・梅野が「右腹斜筋 筋挫傷」の為 離脱。代わって原口が緊急昇格した。中日先発・柳に対して、阪神は2番 梅野のところには陽川を充て、7番・捕手は坂本。8番は3試合振りに木浪が務める。初回一死後、阪神は2番 陽川がスライダーを捉えて、センター右へ4号ソロ本塁打を打ち込んで鮮やかに先制した。陽川尚将内野手は、「クリーンアップにチャンスで回そうと思っていた結果が本塁打になってくれて良かった」と話している。

阪神先発・ガルシアに対する中日は大島・京田の1・2番。アルモンテ・ビシエド・高橋でクリーンアップを組む。ガルシアは初回二死から四球・右前安打で1・2塁とされて、5番 堂林の中前適時安打ですぐに追いつかれる。2回裏には先頭・平田の中前安打と柳・四球の一死1・2塁から1番 大島に変化球を掬われて右前適時安打を食らって勝ち越し点を許した。

3回4回と柳が立ち直りを見せる中、4回裏 ガルシアは二死2塁からまたしても1番 大島に左前適時安打を浴びて、追加点を取られる。京田にも左前安打を打たれて1・3塁となったところで、阪神ベンチは早めの決断を下して2人目・小川にスイッチした。小川は3番アルモンテを詰まらせた遊飛に打ち取っている。ガルシアは3回2/3(71球)6安打1三振3四球3失点と不本意な内容を残している。

球もよく走って4回までに8奪三振と快調に来ていた柳だが、6回表 突然変調に転じる。阪神は、陽川・糸原の連打とサンズ・死球で無死満塁として5番 大山が、カウント2-1からの真ん中に入った変化球を完璧に捉えて左翼ポール際へ20号逆転満塁本塁打を叩き込んだ。マウンド後方で項垂れる柳は、ここで谷元に交代。サンズへの死球が自分自身を苦しくしてしまったとも言える。代わった谷元もボーア・右前安打と犠打に失策などが絡んだ一死1・3塁から代打・福留の左犠飛で追加点を与えた。
      
逆転グランドスラムの大山悠輔内野手は、「打ったのはカットボール。甘く来た球をしっかり仕留める事が出来た。最後まで気を引き締めて頑張る」と話す。追い打ちの犠飛を上げた福留孝介外野手も、「ユウスケ(大山)が流れを持って来てくれたのて、その流れに乗って打つ事が出来た。最低限の仕事が出来て良かった」と振り返っている。

阪神は5回裏を馬場が抑え、リードした6回裏には岩貞が登板するが、木下拓と大島に長短打を浴びて一死2・3塁のピンチを招く。2番 京田・遊ゴロの間に1点は失うも、何とか後続は抑えた。

中日3人目・藤嶋が投げた7回表 阪神は一死1塁に四球のサンズを置いて、5番 大山はカウント3-1からのフォークボールに反応して左中間スタンドへ2打席連続の21号2ランを放って、8対4と突き放す。「上手く拾う事が出来た。追加点の欲しい場面で打つ事が出来て良かった」と大山悠輔内野手が話した。

岩貞が7回裏まで投げた阪神は、8回裏から岩崎〜スアレスと必勝リレーで繋ぐ。8対4と逆転で阪神が中日を下した。勝ちは、馬場について今季2勝目。好投しながら一発に泣いた柳にとっては、何とも悔いが残る黒星となった。

ヒーローインタビューは、勿論連発6打点の大山悠輔内野手だ。「(満塁アーチは)打った瞬間はファールになるかな?と思ったけど、切れずに入ってくれて良かった」。これで本塁打王争いでもトップの巨人・岡本に並んだが、「一本一本しっかり増やして行けるように頑張る」との意気込みを素っ気なく答えている。今後についても、「今日は今日で終わりなので、また明日勝てるようにしっかり頑張ります!」と多くは語らなかった。もはや一喜一憂している状況ではないという事だろう。