試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

超人復活の同点打&勝ち越し打

初回の満塁のピンチを凌ぎ、1点を追う6回に同点とし8回に勝ち越し点を奪う。まるで前日の試合を見ているかのような快勝劇だった。

珍しくボール先行となった立ち上がり、先発の高橋はいきなり無死満塁の大ピンチを招くが、ここで崩れない。連続三振で2死とすると最後はセカンドフライに打ち取り無失点、DeNA打線の中軸に仕事をさせず最初の山場を切り抜けた。

その高橋は3回2死からチーム初安打を放ち出塁する。この一打で打順がトップに返り、近本が甲子園を沸かせた。しっかり捉えた打球はライトスタンドに飛び込む先制の2点本塁打。

「(高橋)遥人が打って塁に出てくれたので、自分も続きたいと思っていました。コンパクトにスイングすることができましたし、先制することができて良かったです」

高橋は4回のピンチも凌いだものの5回には手痛い3点本塁打を浴び逆転を許してしまう。それでも1点を追う6回、1死から近本、糸原の連打でチャンスを作り糸井が同点の適時打を放つ。上位打線の3連打で試合を振り出しに戻した。

8回には代打・陽川の安打から1死2、3塁とチャンスメイク。この絶好機を超人のバットは逃さない。1ボール1ストライクから糸井が放った打球は前進守備の外野ではとても追いつけないほどの大飛球、右中間への2点適時2塁打で勝ち越しに成功した。

「ここしかないっていう場面で打てて良かったです。ストレートを狙ってました」

土壇場でリードを奪うとこの後さらに大山の適時打で1点を追加、リードを3点に広げ、DeNAを突き放した。9回はスアレスが先頭打者の出塁こそ許したものの最後は1死1塁からショート・木浪のファインプレーで併殺を奪い試合終了。

3位・DeNAとの直接対決で早々とカード勝ち越しを決め、後顧の憂いを断った。試合後の矢野監督は「ピッチャーも野手も一丸となって戦う、うちらしい戦いが出来ました。全員でつないで2つ取れたんで、明日しっかり取れるよう頑張ります」見据える先は巨人の背中。上だけを見て突き進む。