試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

岩田の投球術が光り投手戦を制す

1勝1敗で迎えた今カードの3戦目は、岩田の投球術が炸裂した。低めに集めてゴロを打たせる得意のスタイルで中日打線を翻弄、内野ゴロの山を築いた。3塁を踏ませることなく6回まで無失点に抑えた。

援護したい打線だが中日先発のロドリゲスを捉えられない。5回まで糸井の1安打のみに抑えられてしまった。試合が動いたのは6回、まずは先頭の近本が安打で出塁する。続く北條はバントの構えをしていたがバットを引く。矢野監督の出したサインは送りバントではなく盗塁だった。攻めの采配が功を奏し、無死2塁のチャンスを作った。近本は北條の放ったショートへのゴロで3塁進塁を試みるとこの走塁が相手の野手選択を誘い1、3塁。さらに北條も盗塁を決めて得点圏に進む。機動力でかき回し、相手バッテリーにプレッシャーをかけた。2死後、大山の打席で暴投があり近本が先制のホームに生還した。

味方が得点した後の大事な7回、岩田は2死1塁とし右打者が続く場面でお役御免。安定感抜群の投球で先発の役割を果たした。

「テンポ良く行けたので自分の投球が出来たかなと思います。バックの方に守ってもらってアウトを取っていく投手なのでそれが出来て良かったです」

その裏には1死から梅野がレフトスタンドに今季5号本塁打を放ち貴重な追加点を挙げた。

「ランナーもいなかったですし、追い込まれてましたしバット短く持ってコンパクトに行こうと、それが最高の結果になりました」

リードを2点に広げると8回は大歓声を浴びながら藤浪がマウンドへ。160キロを5度計測する迫力満点の投球で2つの三振を奪い三者凡退。最後はスアレスが締めて逃げ切りに成功、カード勝ち越しを決めた。

13連戦は上々の滑り出しで明日からはいよいよ巨人をホームで迎え撃つ。大型連戦の中でも特に重要となる4試合、チーム一丸となって勝利をもぎ取る。