試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

消えたプロ初救援勝利

両先発右腕によるしびれる投手戦から終盤もつれる展開となり、粘り強く追いつき1度は逆転した阪神が、最後に追いつかれて引分けに終わった。

マツダスタジアムは、フレッシュな打線の激突。前回DeNA戦・完封から中7日の広島先発・九里に対して阪神は、2年目・小幡をプロ初の1番。近本・大山を3・4番に据え、サンズ5番、糸井6番。ボーアも7番でスタメンに復帰した。九里の1・2回は、共に一死から北條・糸井にヒットを許すも後続を抑える滑り出しを見せる。九里はシュート系で内角を
意識させながら、抜群の制球で次第にリズムに乗っていった。

9月は0勝に終わった阪神先発・青柳を迎え撃つ広島は、1番にプロ初出場のドラフト2位ルーキー・宇草を抜擢。5番以下を坂倉・野間・林・曽根と並べて、野手は3番・鈴木誠以外 全て左打者という打線で攻略を図る。立ち上がりは二死から鈴木誠・左前安打と坂本の捕逸で得点圏に走者を背負うも4番 松山を打ち取った。2回裏も先頭・坂倉への四球から二死3塁となったが、8番 曽根をセカンド北條の華麗なグラブトスで、辛うじてニゴロに仕留めている。

3回裏 青柳は二死後 田中広に四球を与えて、次の3番 鈴木誠に投手返しのライナーを打たれ、打球が左膝付近に当たってライト方向へ転がる間に走者・田中広の長駆生還を許した。(鈴木誠の記録は投手強襲・先制適時二塁打)

5回裏には二死から宇草にプロ初安打となる左二塁打。田中広・左前安打で1・3塁とピンチを招き、3番 鈴木誠を迎える。青柳はここで渾身の外角球で見逃し三振を奪って窮地を脱した。

広島・九里は5回まで2安打8奪三振無失点で後半へ入った。6回表 阪神は先頭・小幡が遊撃内野安打で出塁。北條が送った後、3番 近本の一ゴロを広島・松山が後逸して、走者・小幡が同点のホームを踏む。大山・左前安打で一死1・2塁と更にチャンスを広げたが、サンズ・空振り三振。糸井もニゴロに打ち取られて、同点止まりに終わっている。

その裏 青柳は先頭・松山に中前安打を浴びるも、後続を粘りの投球で1人ずつ抑えて何とかゼロに凌いだ。7回表 阪神は先頭・ボーアが20打席ぶりのヒットとなる右前安打で出る(代走・荒木)と、坂本・犠打でベンチは青柳に代打・高山を送ったが、ニゴロで二死3塁。小幡も捕ゴロに倒れて勝越し機を逃している。

6回(107球)を投げて6安打4三振2四球1失点だった。青柳晃洋投手は、「ここ数試合 立ち上がりに課題があったけど、今日は丁寧に投げる事が出来たし、何とかゲームを作る事が出来た」と振り返っている。

7回裏 阪神2人目は桑原。一死後、九里の代打・大盛に変化球を捉えられて右越えの2号勝越しソロ本塁打を浴びて、広島に勝越し点が入る。この後、桑原は二死1・2塁から4番 松山に左前適時安打を食らって3対1とされてしまう。
九里は7回(115球)を投げて5安打9三振1四球1失点。勝利投手の権利を得たが、それに相応しい内容のナイスピッチングを見せた。

逃げ切りを狙う広島は、8回表2人目・ケムナを投入。先頭・北條が四球で出塁も、近本・大山が連続空振り三振。それでも、サンズと糸井が歩いて二死満塁とする。投手の代打・原口は、会心の当たりではなかったが、サード・途中出場の三好が変則打球を取り切れず、左前への2点適時安打に。阪神が3対3の同点に追いついた。原口文仁捕手は、「何とかしたい場面で運も味方をしてくれた」と苦笑い。その裏はエドワーズが、広島をこの試合初めての3者凡退に抑えた。

広島フランスアが登板した9回表 阪神は一死から小幡が左前安打で出ると、北條の一飛をプロ初スタメンの林が落球して1・2塁の絶好機が舞い込む。しかし、この日ノーヒットの3番 近本はニゴロ併殺打に倒れて、貰ったチャンスをフイにした。その裏 阪神は5人目・藤浪が登場。同点の9回裏だったが、変化球主体ながらも確実にアウトを重ねて、最後は159km/hの真っ直ぐで空振り三振を取り、3人で締め括った。藤浪晋太郎投手は、「青柳さんがゲームを作ってくれたし、その後チームも踏ん張っていたので、0点で抑える事が出来て良かった」と、胸を撫で下ろしている。

延長に入った10回表 広島は左腕の塹江を送るが、先頭・大山に四球を与えると捕逸で代走・島田の進塁を許す。またしても相手にチャンスを貰った阪神は、バントで送った一死3塁から途中出場・熊谷が中前適時安打を放ち、ついに4対3と勝越しに成功した。

その裏 阪神は当然守護神・スアレスを送る。しかし、一死から代打・長野に内野安打を許し、続く坂倉は右前安打。ライト島田・ファンブルもあっての2・3塁から次打者・會澤は敬遠で満塁。ここで代打・堂林の遊ゴロで同点とされるが、ショート小幡は高いバウンドを処理して、よく二塁で1つアウトを取った。続く代打・菊池涼のファールフライを熊谷が好捕して三邪飛で試合終了。4時間16分の熱闘は、4対4の痛み分けに終わった。勝てば藤浪がプロ初の救援勝利となるところだったが、記念の白星は幻となり、スアレスは節目の20セーブ目を逃した。

勝ち切れなかった阪神だが、冷静にゲームを振り返れば寧ろ広島の方に勝機があった試合。それを広島は度重なる拙守によって、みすみす手放してしまう。勿論、阪神も相手がくれたチャンスにしっかりつけ込むだけのしたたかさが足りなかった。両者共に悔いの残る引分けと言える。阪神は、先発・青柳が久しぶりに内容十分な投球をした事が大きな収獲。負けていれば、勝越し点を許した後、桑原を引っ張り過ぎたところがポイントだっただろう。