試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

這い上がった左腕!ほろ苦い初登板

序盤から点の取り合いとなる展開も、先発左腕が粘り切れず、中盤から主導権を奪い取られた阪神が、救援陣も崩れて大敗を喫した。

広島先発・遠藤に対する阪神は近本・北條の1・2番。糸井・大山・サンズ・ボーア・梅野・小幡と続く打線で臨む。初回 阪神は四球・敵失で二死1・2塁とするが、5番サンズは中飛に倒れた。2回表には、先頭ボーアの一飛を広島・松山が落球。梅野・左二塁打で無死2・3塁となり、8番 小幡がセンターへの2点適時二塁打を放って阪神が先制する。更に犠打・四球で一死1・3塁から2番 北條がスクイズを敢行するも、走者・小幡は本塁憤死となって追加点とは行かなかった。

阪神先発・岩田を迎え撃つ広島は、2戦連続トップは宇草。前夜と打って変わって5番からは會澤・長野・堂林・菊池涼と右打者がズラリと並ぶ。初回は先頭・宇草にヒットで出塁を許すも牽制で釣り出して事なきを得る。先制して貰った直後の2回裏は、連続四死球で無死1・2塁と走者を背負い、長野・堂林の6・7番の連続適時打で忽ち同点とされる。

3回表 阪神はサンズ・31打席ぶりのヒットとボーア・四球で一死1・2塁となり、7番 梅野の左前適時安打で3対2と再びリードを奪う。この後、小幡・内野安打で一死満塁とするが、岩田・近本が打ち取られた。その裏、岩田は宇草の四球・盗塁に鈴木誠・左前安打と盗塁で一死2・3塁のピンチを招くが、松山・見逃し三振。5番 會澤も二飛に打ち取り、ここは凌いでいる。

阪神は4回表 北條・中前安打とサンズ・四球で二死1・2塁とするも、6番ボーアが凡退した。再三のチャンスを大量点に結びつけられない展開が、じわじわと虎の首を締めつけて行く。

5回裏 広島はヒットと四球で一死1・2塁とする。このピンチで岩田は松山を中飛に打ち取るも、次の5番 會澤に右2点適時二塁打を浴びて 4対3と逆転されてしまう。岩田はこれでKOとなり、リリーフ谷川と交代した。谷川も長野・内野安打で繋がれ、7番 堂林の左前適時安打で追加点を許す。4回2/3(98球)6安打4三振5四死球5失点で降板した岩田 稔投手は、「粘り切る事が出来ず、とにかく悔しい」と唇を噛んだ。

リードした広島は、継投に切り替える。6回表を中田、7回はケムナが猛虎打線をゼロに抑えた。先発・遠藤は5回(100球)を投げて6安打3三振4四球3失点だった。今季阪神戦は3敗も6試合目登板で初勝利の権利を持って、後をリリーフ陣に託している。

阪神は6回裏を能見が抑えたが、7回裏4人目・斎藤が捕まる。先頭・松山はフェンス直撃三塁打で出塁。一死後5番 長野が右前適時安打を放ち1点。その後、菊池涼・内野安打に暴投・四球で二死満塁から代打・坂倉に右前2点適時安打も飛び出して8対3となって、大勢が決した。

8回裏には、育成契約3年目で支配下登録を勝ち取り5日に一軍昇格を果たした左腕・石井将希投手がプロ初登板。最初の打者・鈴木誠を三ゴロに打ち取るも、その後ヒット・四球で一死1・2塁のピンチを招く。二死を取るも、7番 堂林に左前適時安打を浴びて失点を喰らって、ほろ苦い一軍デビューとなっている。

広島は8回表を塹江、最後は一岡が締める。阪神は糸井の長打で応酬するも得点には至らず、9対3で広島に敗れた。再三のピンチにも粘り強く投げた遠藤が勝利投手。広島は引分けを挟んで4連勝を飾っている。阪神は前半再三のチャンスがありながら、あと一押しが出来ず、結局流れを上手く掴めないまま劣勢へと引き込まれてしまった。