試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

苦い初陣!大成への礎

安定感抜群の左腕に要所を抑えられ徐々に追い詰められて行った阪神が、一度も主導権を握れないまま完封負けを喫した。

8勝4完封と今季絶好調の中日先発・大野雄に挑む阪神は、腰の張りで抹消された北條に代わって一軍再登録の糸原を2番に据え、サンズ・大山・ボーアでグリーンアップを組む。7番には初昇格のドラフト2位ルーキー・井上が抜擢されて、先発でプロ初出場を果たす。大野雄は初回9球で2三振含む3者凡退の滑り出し。2回表二死1塁にバットを折りながら中前安打を放ったボーアを置いて、井上がプロ初打席を迎える。大野雄はツーシーム・スライダーと変化球を駆使して、最後はフォークで空振り三振に仕留めた。

「今日からがスタートラインだよ!」。試合前に矢野燿大監督から激励を受けた一軍デビューの井上広大外野手(ドラフト2位・履正社高)は、前夜に昇格の連絡を受けて以来 緊張を持続しながら当日を迎えていた。井上一樹打撃コーチからも「中日のエースだから打てなくて当然!ぐらいの気持ちで思い切ってやれ」と指示を受けて初打席に向かったが、全て変化球で徹底的にタイミングを外して来た大野雄もまたビッグルーキーをかなり意識していたように見える。

阪神先発・青柳に対する中日は、6番に阿部を上げて7番に遠藤と下位打線を少し変えて来た。青柳も立ち上がり 僅か6球で内野ゴロ3つと好スタートを切る。しかし、2回裏 ビシエド・高橋にそれぞれ逆方向への長短打を浴びて無死2・3塁のピンチを迎えて、6番 阿部・遊ゴロの間に先制を許した。3回裏には大島・右前安打から京田の犠打で二死2塁とされて、3番アルモンテに左前適時安打を打たれ、2点目を献上した。

4回表 阪神は二死から大山が左中間二塁打を放ち反撃機を作るが、5番ボーアは一ゴロに倒れた。大野は31イニング連続無失点としている。大野雄は、抜群の制球力で猛虎打線を翻弄して行く。5回表には井上に第2打席が回って来たが、低めの球を打って一ゴロだった。目下ファームでは本塁打・打点のトップを行くが、やはり球界屈指の左腕は手強い。

6回表には一死から近本が右二塁打で出塁して大野を揺さぶった阪神だが、糸原・サンズが内野ゴロに抑え込まれている。

青柳も決して悪い状態ではなかった。ただ左打者には捉えられた打球が多く苦しい投球となった。7回裏は先頭・遠藤の飛球をレフト・サンズが目測を誤り二塁打とされて、木下拓・大島への四球で一死満塁の大ピンチを招く。2番 京田の一塁線を襲う打球はボーアがよく止めたが、一ゴロの間に手痛い追加点を取られてしまう。

青柳は7回(101球)まで投げて7安打6三振3四死球3失点で交代となった。「前回に続いて先制点を与えてしまった点は悔しいですが、なんとか7回まで投げる事が出来た」。無念さを押し殺しながら、青柳晃洋投手は振り返っている。尚、8回裏は、リリーフの伊藤和が3者凡退に抑えた。

8回表先頭で井上に3度目の打席が回るが、大野雄の徹底した変化球攻めに3球三振に捻られた。大野は井上に対して直球は殆ど無く、初対決で19歳を手玉に取った格好だ。追い詰められた阪神は、9回表二死から大山が粘って意地の中前安打。ボーアもライト線へヒットを放ち1・3塁と粘りを見せたが、最後は6番 梅野が投ゴロに打ち取られて試合が終わる。3対0の完敗で、4連勝・中日と入れ替わり3位転落となった。

36イニング連続無失点として9勝目をあげた大野雄は、112球6安打7三振1四球で今季5度目の完封勝利。阪神は4番 大山が2安打と気を吐いたが、打線が巧みな投球で分断されて攻略する事が出来なかった。

19歳 ルーキー井上のデビュー戦は3打数ノーヒット2三振と、ほろ苦い結果に終わった。大野雄の変化球攻めに面食らったところもあるかもしれない。それでも、一軍で初めて対戦した投手が超一流だった事は、今後のプロ野球人生を考えれば必ず大きな財産になる筈だ。この悔しさを忘れず、偉大な選手に成長して行って貰いたい。