試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

序盤の猛攻で6得点、逃げ切りで連勝

約2年ぶりとなる1軍の舞台、2番・セカンドでスタメンに抜擢された板山が猛攻の口火を切った。

1点を追う初回、1死からセンター前に運んで出塁する。この一打で甲子園を沸かせると糸井の2塁打でチャンスを広げ、大山がライト前に2点適時打を放ち逆転に成功した。

「ランナーを還すことだけ考えていたので自分の仕事が出来たかなと思います。追い込まれていたので必死にボールに食らいつくだけでした」

さらに2死1塁からボーアが右中間へアーチを描き2点を追加、怒涛の攻撃で4得点を挙げた。

「前の打者が良い流れ作ってくれたんで、その流れの中で打つことが出来て良かったです」

4回には梅野、小幡が連打を放ち、下位打線でチャンスを作る。すると相手のバッテリーミスで加点し、糸井の適時打で6点目を奪う。

大量援護を受けた先発の秋山は走者を出してもあと1本を許さず4回まで1失点で凌いでいた。しかし5回に手痛い3点本塁打を浴びこの回限りでマウンドを降りた。次回登板ではスイスイとアウトを積み重ねる秋山らしいピッチングを見せてくれるはずだ。

2点リードの7回には2死1塁で代打・井上が打席へ。塁上に小幡がいる状況はプロ初安打を放った2日前と同じ、再びの快音に期待が高まったが良い角度で上がった打球は惜しくもレフトフライ。ダメ押し点はならなかったが2点のリードがあればリリーフ陣には十分だった。6回から藤浪、岩崎、エドワーズがそれぞれ1回を無失点に抑え、9回はスアレスが1点を失ったものの逃げ切りに成功、カード勝ち越しを決めた。

2安打1四球で3度出塁した板山について矢野監督は「2軍の時から一緒にやってきたメンバーで、(今季)初めての1軍でスタメンで、気持ちが全面に出て、ヒットも出て良かったですね」期待の長距離砲、井上については「ガッツポーズしかけたんですけど。良い角度でボール行ってましたし、練習も良い形で打ってたんで打席を見てみたいなと思う選手ですね」若手の突き上げでチームは強くなる。