試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

投手陣が踏ん張り1失点で引き分け

雨天中止となった17日の振替試合ということもあり、スタンドは少し寂しい甲子園。いつもより静かな本拠地でロースコアの投手戦が繰り広げられた。

先発のガンケルは初回の2死1、2塁を切り抜けると2回と3回は三者凡退。4回に先制を許したが後続を併殺打に仕留め最少失点で凌ぐ。5回も併殺を打たせ先発として試合を作った。

「調子自体は良かったと思うし、4回のピンチもなんとか1点で抑えることができて良かったよ。ただ、5回で降板してしまい、中継ぎのみんなにも負担を掛けてしまうから、もっと長いイニングを投げないといけなかったと思う」

援護したい打線は1点を追う5回、キャプテンのバットが甲子園を沸かせた。相手の失策と小幡の送りバントで1死3塁とし、ガンケルに打順が回ると矢野監督が動く。代打で糸原を起用した。糸原は追い込まれながらもしぶとくレフト前に運び、梅野を同点のホームへ迎え入れた。

「ガンケルも頑張っていましたし、とにかく追いつきたい場面だったので、追い込まれましたが食らいつくことができて良かったです」

投げては3番手として7回に登板した藤浪が球団記録を更新する162キロを計測。豪速球を武器に圧巻の三者連続三振を披露した。この好投に触発されたのか8回は岩崎が、9回はスアレスが共に2つの三振を奪って三者凡退。終盤3イニングをパーフェクト、7奪三振とヤクルト打線を完璧に抑え込んだ。

9回はサンズの安打と代走・植田の盗塁でサヨナラの走者を得点圏に置いたがあと1本が出ず。10回も1死1塁から1走・島田が抜群のスタートを切ったが近本の打球はセカンド正面へのライナーで併殺となってしまう。最後は運に見放され勝利とはならなかったが、安定のリリーフ陣と足を絡めた攻撃というカラーは十分に発揮した。

試合後の矢野監督は「ピッチャーが頑張ってくれたんで勝ちたかったですね。打線がもっと点を取れればもっともっと上に行けると思うんでね、明日は点取って勝ちたいと思います」負けなかったことをプラスに捉え、明日は打線の爆発に期待だ。