試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

終盤の猛追もあと一歩及ばず

立ち上がりにやや球が上ずっていた先発の岩田は、打ち取った当たりが連続して適時打になる不運にも見舞われ立ち上がりにいきなり2失点。2回になっても際どいコースへの投球がボールと判定され押し出しで追加点を与えてしまう。何とか立ち直りの兆しを見せたかった3回にも連打を浴びさらに2点を失った。

それでも2番手としてマウンドに上がった小川は安打を浴びながらもショート・小幡の好プレーにも助けられ3回を無失点。「久しぶりの登板となりましたが、しっかり0点で抑えることができて良かったです」というルーキーのロングリリーフが打線の奮起を促した。

6回1死から代打の陽川が四球を選ぶと近本のライト前への安打で3塁へ。好走塁で次の塁を奪い、糸原の適時打でホームへ生還した。この後さらに相手のバッテリーミスで1点を追加、6点ビハインドの劣勢から2点を返し防戦一方だった雰囲気を一変させた。

7回は去就の注目されるベテラン能見が3人でピシャリ。するとその裏に2死からサンズ、代打・中谷の連打で走者をため代打・原口が初球のスライダーをうまく捉える。打球はそのままレフトスタンドへ飛び込む3点本塁打となり1点差に迫った。

「前の回に能見さんがきっちり抑えて流れを作ってくれましたし、(中谷)将大が粘って繋いでくれ、そのみんなが作ってくれたチャンスの打席で結果を出すことができて良かったです」

6点差を跳ね返す大逆転勝利への期待が高まったが9回に岩貞が3点本塁打を浴び、点差を広げられてしまう。雨粒が大きくなる中、矢野監督は藤川をマウンドに送った。安打を1本浴びたもののストレート勝負で2死を奪い役割を果たすとスタンドからは大きな拍手が送られた。

勝利こそならなかったが左右のベテランの好投と終盤の猛追は明日以降につながるはずだ。