試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

藤浪が先発し藤川締め。打線も9得点



9月13日以来となる先発マウンドに藤浪が上がった。リリーフ転向後は13試合で防御率2.35と好投を続ける右腕は初回に1点を失ったものの2回は三者凡退と落ち着きを取り戻す。打順が回れば代打が送られるショートイニング限定の登板かと思われたが2回裏の打席に立ち、3回と4回も三者凡退に抑えた。この内容に矢野監督は「1点で凌いでくれて落ち着いて投げてくれた。次回も先発でいこうかなと思ってます」

打線は1点を追う2回、サンズと糸井の連打で無死1、3塁とし木浪の適時打で同点に追いつく。1番から始まった5回には近本が安打で出塁し、マルテの「頭の中で良いイメージが出来ていたのでそれを打席で出すだけと思って、それが良い一打になって良かったです」というレフトオーバーの2塁打で1塁から長駆生還を果たす。近本の俊足とマルテの長打力で勝ち越しに成功した。この後、大山の適時打で加点し試合の主導権を握った。

2点リードの7回には中谷の安打からチャンスを作りマルテの犠牲フライで4点目、さらに相手のバッテリーミスで5点目を奪った。十分過ぎるセーフティリードだったが8回にも打線がつながり4得点。自慢のリリーフ陣が中押し、ダメ押し点をもらえれば逆転される要素は全く見当たらない。4回を投げた藤浪の後を受けて5回は岩貞が3人でピシャリ。6回はエドワーズが四死球でピンチを招くが糸原、木浪の二遊間がしっかり併殺を奪い得点を許さない。7回は桑原、8回は岩崎が無失点。9回は谷川が2死を奪うと矢野監督は藤川をマウンドに送る。勝利の瞬間、マウンドにいる姿がよく似合う。きっちり仕事を果たし2回以降、完璧な試合運びで完勝を収めた試合を締めくくった。

2位・中日との直接対決で連勝し1ゲーム差に迫った。明日の先発投手はこちらが西勇で相手が大野雄。エース対決は望むところだ。