試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

中継ぎ陣の踏ん張りで引き分ける

不利な展開になってもそう簡単に土俵を割らない。強靭な粘り腰で苦しいゲームを引き分けに持ち込んだ。

序盤は復活の期待される先発・藤浪がピリッとしない。何とか大崩れせずに踏ん張りはするものの失点を重ねジワジワとリードを広げられてしまう。アウトにした打球も強い当たりの外野フライが多く4回3失点でマウンドを降りた。

試合の主導権を握られてしまったがチーム力を発揮したのは中盤から。まずは4回、大山が今季2号本塁打を放ち反撃の狼煙を上げる。5回には代打・木浪と近本の連打で走者をため、中野の送りバントで1死2、3塁とチャンスを拡大。糸井の犠牲フライで1点を返し、1点差に迫った。さらに6回には2死2塁からロハス・ジュニアが適時2塁打を放ち試合を振り出しに戻した。

「どんな形でもランナーをホームまで還したいと思っていたよ。チームが1点ずつ取って、絶対に追いつくぞというムードだったし、アグレッシブに攻めていった結果がタイムリーになって良かったね」


この同点劇はリリーフ陣の粘りがあればこそだ。継投へ入った5回は桐敷がピンチを招くも、1死1、2塁でリリーフした浜地が併殺打に打ち取り追加点を許さない。6回は開幕ローテーション入りしていた小川が今季初の中継ぎ起用でマウンドへ。走者をためても腕を振って見逃し三振を奪い無失点でつなぐ。7回と8回はアルカンタラが2イニングをピシャリ。9回は岩崎が広島の機動力に苦しみながらも後続を断った。リリーフ5枚を投入して5回以降は無失点、2試合続けて延長戦へ突入した。

ホームゲームの延長戦は力のある投手から繰り出すのがセオリー。新守護神の湯浅は10回を三者凡退、先頭打者に四球を与えた11回はバント処理で野手顔負けの見事なフィールディングで併殺を奪いこの回も結果的には3人で片付けた。12回は馬場が2死1、2塁のピンチを凌く。打線は11回のチャンスであと1本が出ずサヨナラ勝利はならなかったが、3点ビハインドから始まったゲームを価値ある引き分けに持ち込んだ。

借金返済のためには早く白星が欲しくなるところだが、負けないことも同じぐらい大事。リリーフ陣の好投を明日の試合につなげたい。