試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

好守備連発の伝統の一戦は引き分け

野手の仕事は打つだけではない。ほぼ毎イニングの好守備が緊迫した投手戦を作り上げた。

先発の西勇は立ち上がりに2死1、2塁のピンチを招くが巨人の主砲・岡本を空振り三振に仕留め、先制点は与えない。坂本の両コーナーを広く使った組み立てに応え、勝負所でしっかり投げ切った。

守備陣はバッテリー以外も躍動した。2回はサードの糸原が難しい打球を処理、3回にはライト前方への当たりを佐藤輝が好捕した。4回には2死1、2塁からの安打で2塁走者は生還を狙ったが佐藤輝の強肩で自重させ、満塁となってからはショートの中野が軽やかなステップで二遊間の打球に追いついた。5回は2死1塁からセンター前への安打で3塁進塁を狙った走者を近本が刺す。6回にはファーストの大山が柔らかなグラブ捌きで西勇をアシストした。

バックの好守備に助けられた西勇は7回まで無失点。きっちり先発の役割を果たした。

試合の均衡を破ったのは8回だ。先頭の中野が安打で出塁し、糸原が送りバントを決めて1死2塁とした。この場面で近本のスイングが一閃、鋭い打球は前進守備のライトの頭上を越える適時3塁打となった。

「1・2番が良い形でチャンスを作ってくれたので、もう自分は思い切っていくだけだと思っていました。浮いてきたボールをしっかり振り抜くことができました」

先制に成功すると近本は佐藤輝の内野ゴロの間に生還を果たす。終盤に大きな2得点、試合の流れをグッと引き寄せた。

2点リードの9回はケラーが同点とされてしまうが勝ち越しは許さない。延長戦では岩崎、浜地、岩貞が無失点リレー。負けがなくなり引き分け以上が確定した。12回裏、代打・原口が三遊間を破り無死の走者を出塁させる。サヨナラ勝ちへの期待が高まったがバントミスと盗塁失敗で惜しくも歓喜の瞬間は訪れず。簡単には勝たせてもらえないのが伝統の一戦、だからこそ1つの白星に価値がある。明日こそは藤浪が勝利の使者となる。