試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

近本が同点アーチも二の矢を放てず

反撃に移る前に試合の流れを奪われ、そのまま押し切られてしまった。

序盤から中盤までは見た目以上に均衡状態が続いていた。先発した藤浪は初回に2つの三振を奪って三者凡退。完璧な立ち上がりを見せた。3回に先制を許しても、頼れる打者がすぐさま試合を振り出しに戻してくれた。

1点を追う4回1死、近本がライトスタンドに同点アーチを描いた。

「(藤浪)晋太郎が最少失点で踏ん張ってくれていましたし、何とか早い段階で追いつきたいと思っていました。甘い変化球に対してしっかり自分のスイングをすることができました」

この一発で1-1としたが藤浪は中盤にも失点を重ねてしまった。決して打ち込まれたわけではない6回3失点に「調子自体は悪くなかっただけに、要所でなんとか粘り切りたかったなと思います。余計な失点もしてしまいましたし、反省すべき点をしっかり見つめ直して、今後に活かしていければと思います」と悔しさをにじませた。

2点のビハインドを背負ってはいたが近本と大山が2打席連続でHランプを灯しており、走者をためて中軸にまわせば同点、逆転は十分に可能。次の1点が重要な意味を持つ7回はアルカンタラがマウンドへ。きっちり3人で抑え攻撃のリズムを作りたいところだったが4安打を浴び逆に点差を広げられてしまう。3番手で登板しイニングを跨いだ島本、9回を任された加治屋は好投したが6点差を跳ね返すことは叶わず。打線は5回以降無安打に封じられて反撃体勢を作れなかった。

明日が甲子園では今季最後の伝統の一戦。大事な試合は投打に結果を残す西純を先発マウンドに送り、全員野球で勝利を目指す。