試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

先制&1000奪三振も5回に崩れる

現状の3位から1つでも上の順位へ。2位・DeNAとの直接対決で鮮やかに先制した。

中野、糸原が連続四球を選ぶと相手先発の不安定な立ち上がりを近本のバットは逃さない。無死1、2塁からライト前に適時打を放った。

「相手からもらったチャンスだったので、思い切ってスイングしていこうと思っていました。まずは先制することができてよかったです」

さらに無死1、3塁から大山の犠牲フライでリードを広げた。

「(近本)チカがいい形でタイムリーを打ってくれましたし、なんとかもう1点というところで、最低限の仕事ができたと思います」

2点の援護点をもらった先発の藤浪は3回まで1安打無失点。4回に被弾したが次打者は三振に仕留めた。これがプロ通算1000奪三振、しかも相手打者はミート力に優れたDeNAのヒットマン・宮崎だった。価値ある記録を達成したが1点リードの5回につかまってしまう。連続ワイルドピッチで同点、勝ち越しを許し、不運な2点適時打を浴びたところで降板となった。

「ストレートに狙いを絞られて、うまく打たれてしまったという印象です。そんな中でも、なんとか粘りながら、もうひと踏ん張りしたかったなと思います」

矢野監督は4回までにリクエストの権利を使い切り、DeNAは5回の攻撃で早くも先発投手に代打を送った。この試合の重要度は誰もがわかっている。しかし2番手としてマウンドに上がった加治屋も相手に傾いた流れを止められない。序盤はペースを握っていたが6点のビハインドを背負ってしまった。

大量得点差をひっくり返すには打つしかない。2回以降は走者を出しながらもホームの踏めていなかった打線は8回に3つの四球で2死満塁としたがあと1本は出ず。9回にも2死満塁のチャンスを作ったが反撃することは出来なかった。

明日はプロ初登板で堂々の投球を披露した森木が先発する。若い力で流れを変えたい。