試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

投手陣好投も無得点と守備の乱れに泣く

優勝へのマジックナンバーを一桁とし、主砲の村上は史上最年少の三冠王を視界に捉えている。そんなヤクルトを相手に、主役は俺だと言わんばかりの投球を藤浪が披露した。

立ち上がりは三者連続三振。150km/h台中盤から終盤をコンスタントに記録するストレートを突き刺し、鋭く落ちる軌道の変化球で空振りを奪った。2回は村上に対して力勝負を挑み、ライト・佐藤輝の好守備でフライアウトに打ち取った。1死からはサード・糸原が三遊間への強烈な打球を処理した。連続ファインプレーの後は藤浪が早くも4つ目の三振を奪い、この回も3人で抑えた。3回は2死1、3塁のピンチを凌ぎ、4回はショート・中野のファインプレーに助けられた。5回まで1安打無失点、8奪三振と完璧に試合を作った。ところが6回に守備が乱れて先制点を奪われてしまう。

「ピッチングの内容自体は良かったですし、最少失点で粘り切れた部分については良かったと思います。ただ、勝てる投手になるには、6回のバント処理のような細かいミスも無くしていく必要があるので、その点はしっかり反省したいと思います」

打線は得点圏であと1本が出ない展開が続いていたが1点を追う8回に見せ場を作った。先頭の梅野が安打で出塁すると代走に植田を起用して、ピンチバンターの坂本がきっちり送り、代打のマルテが四球を勝ち取る。逆転の走者には代走の熊谷が送られた。スペシャリスト4人を注ぎ込む執念の采配で1死1、2塁とした。2安打と当たっていた中野のバットに託したが痛恨の併殺打に倒れてしまった。

好投した藤浪の後は浜地、ケラー、湯浅が無失点リレー。9回の攻撃では先頭の糸原が振り逃げで出塁し、近本の内野ゴロの間に2塁に進む。2死後に島田が安打でつなぎ走者を2人ためた。一打逆転サヨナラの場面は作ったが歓喜の瞬間は訪れなかった。

台風14号の影響で明日の試合は中止が決定。変則日程の中での貴重な時間でリフレッシュしラストスパートを加速させる。