試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

陽川、原口が大仕事も手痛い逆転負け

シーズン最後の6試合で目指すはもちろん6連勝。西純がリリーフ待機する布陣でDeNAとの今季最終戦に臨んだ。いつも以上に分厚いブルペンに支えられた先発の青柳は、立ち上がりに被弾して先制を許すが打線がすぐに追いついた。

1点を追う初回、中野の安打と糸原の四球で走者をためて近本の送りバントでチャンス拡大。1死2、3塁とすると大山の内野ゴロの間に同点とした。

追いついてもらった青柳は3回に1死満塁のピンチを招くもDeNAの3番・佐野、4番・牧を連続内野ゴロに打ち取り、勝ち越し点は許さない。制球がややバラつき苦しい投球となっていたが4回は三者凡退、5回は3奪三振と中盤にかけて修正し試合を作った。6回に2点目を失いマウンドを降りたが、粘りのピッチングで先発の役割を果たした。

6回無死1、2塁のピンチは岩貞、浜地と細かくつないで切り抜ける。7回はイニングを跨いだ浜地が抑えて無失点。8回はケラーが先頭打者に安打を浴びても落ち着いて後続の打者を打ち取った。球威も制球もハイレベルな投球が沈黙していた打線を目覚めさせた。

1点を追う8回、代打出場した陽川が放った打球はぐんぐん伸びてレフトポール際のスタンドへ吸い込まれた。今季1号は起死回生の同点アーチ。球場の雰囲気を一変させた。この後、中野の安打から2死1、2塁とすると原口がインコース攻めを読み切り、厳しい球をレフト前に落とす。2走・中野の俊足が相手の送球に勝り勝ち越しのホームをもぎ取った。この試合初めてリードを奪うと佐藤輝が追撃の適時打を放ち、この回3得点。4-2と一気にひっくり返した。

しかし9回は岩崎がつかまり逆転を許してしまう。その裏に梅野の打ち上げたフライが相手の失策を誘い無死2塁としたが同点のホームは踏めず。勝利まであと1死としながら痛い黒星を喫してしまった。

明日はAクラス入りを争う広島との直接対決。負けられない戦いに全員野球で挑む。