試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

CSへ前進。投打でヤクルトを押し切る

CS進出を巡る争いは3チームが0.5ゲーム差にひしめく大混戦。日本一へはまずこの戦いを制せなければならない。第一関門は初回、いきなり中野がライトスタンドにアーチを描いた。

「試合の入りが大事だと思っていましたし、先頭でなんとしても塁に出てチームに勢いをつけたいと思っていました。カーブをしっかり振り抜くことができましたし、結果的にホームランで先制することができてよかったです」

先頭打者本塁打で先手を取ると若い力も仕事をこなす。4回には近本の2塁打から1死満塁とし、高寺の犠牲フライで貴重な追加点を奪った。

「追い込まれてしまっていたので、なんとか食らいついて事を起こそうと思っていました。最低限ですが、チャンスの場面でチームに貢献する仕事ができてよかったです」

2点リードの5回には2四球でもらった1死1、2塁のチャンスをクリーンアップのバットは逃さない。大山は3ボールから積極的にスイングし三遊間を破る。レフト前への適時打で中野をホームに迎え入れ、さらに原口もセンター前への適時打で続いた。取れる時に取っておく、きっちりした攻めでリードを4点に広げた。

大事な一戦の先発マウンドを任された青柳は走者を出しても粘り強い投球で試合を作った。特に得点圏に走者を背負ってからはほとんど投げミスすることなく5回まで無失点。6回に被弾したもののその後の2死1、2塁はきっちり内野ゴロに打ち取り、先発の役割を果たした。

「何が何でも勝つしかないので、チームが少しでも勝つ可能性が残るピッチングが出来ればと思って投げました。野手が先に点を取ってくれたのが投げやすかったです」

4-1と3点リードの終盤戦で7回は浜地が三者凡退。8回は湯浅が2死走者なしからヤクルトの主砲・村上を力勝負で圧倒し空振り三振に仕留めた。ウイニングショットは154km/hの高めストレート、CSファイナルステージでの再現にも期待だ。

9回の攻撃でダメ押し点はならなかったものの近本が今季30個目の盗塁を決めた。最後は岩崎が3人でピシャリ。終始投打でヤクルトを上回りCS進出へ一歩前進した。