試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

終盤の切り札でしぶとく連敗ストップ

チームが連敗中という嫌なムードはどこ吹く風。それもそのはず2連敗が小さなことと思えるほど先発マウンドに上がった伊藤将は白星を重ねている。現在甲子園で11連勝中、ホームで不敗神話を継続中だ。2奪三振の順調な立ち上がりに打線も序盤で援護点を送った。

2回、1死から坂本が3塁打でチャンスを作ると木浪の打球は右中間フェンスを直撃、2者連続の3塁打で先制に成功した。

伊藤将は4回に1点を失い同点は許したものの"負けない男"は勝ち越しのホームを踏ませない。なおも続く2死満塁のピンチを凌ぎ、6回1死1、3塁の場面は併殺打で切り抜けた。7回を投げて1失点、しっかりと試合を作った。

打線は2回に先制した後も攻めの糸口はつかんでいた。3回は先頭のノイジーが安打を放ち、4回は2死からの連続四球と中野の安打で2死満塁。6回まで毎回走者を出してはいた。しかし追加点が奪えない。待望の2点目を奪ったのは8回だ。

1-1の終盤戦、1死1塁から木浪の2塁打でチャンス拡大。1死2、3塁とすると岡田監督は糸原を代打に送った。「めちゃくちゃ緊張していて、とにかくバットに当てることだけ考えて打席に入りました」という糸原が食らいついた打球はショートの右へ。安打ではなかったが代走起用されていた3走・小幡が生還を果たす。「とにかくホームを踏むことだけを考えて走りました。がむしゃらにホームベースだけ見て走り抜けました」と頭から滑り込み勝ち越し点をもぎ取った。

1点リードの9回は岩崎が締めて1点差ゲームを制し、8回を抑えた石井が嬉しいプロ初勝利を挙げた。

明日からは首位のDeNAを甲子園で迎え撃つ。先発マウンドには青柳が上がり、相手は好左腕の今永が先発する。岡田監督は「明日は今永なんでね。明日はもうちょっとヒット打って点取りたいですね」と話した。エース対決をものにし、首位攻防戦に弾みをつけたい。