試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評

宮國にプロの洗礼を浴びせることは出来ず…

残念ながら連勝はストップしてしまった。初先発の巨人・宮國にプロの洗礼を浴びせたかったのだが……。

先発・岩田が1、2回にいずれも二死から失点。序盤に3点の援護をもらったことで、宮國を楽にしてしまったのか、「追い込まれて、即勝負に行かれた」と片岡打撃コーチ。「途中からカーブとか緩い球で緩急を使われた」(和田監督)こともあり、6回まで柴田のヒット1本に抑えられてしまった。

それでもプロ2年目の19歳に完封されるわけにはいかない。虎の意地を見せたのは7回だ。先頭の柴田が右翼線二塁打で出塁すると、鳥谷が四球で続き、四番・新井の右前適時打で1点をもぎ取った。

打線のエンジンのかかりが遅く、結果的に敗れはしたが、打撃不振だった鳥谷に9回、逆方向へのヒットが出たこと、新井が2安打を放ったことは明るい兆し。1日休んで、仕切り直して鯉撃ちだ!