試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評

今季初となる2ケタ得点で大勝!

阪神が今季初の2ケタ得点で大勝を飾った。

初回ブラゼルの2点タイムリーで先制した阪神は、3回には金本、小宮山、メッセンジャー、そして鳥谷にもタイムリーヒットが飛び出し、打者一巡の猛攻で一挙4点。6回には新井の2点タイムリーで広島を突き放し、8回にはダメ押しとなる鳥谷の2ランで今季最多の15安打10得点を挙げた。

とくに開幕以来、なかなか調子が出なかった鳥谷に待望の初タイムリーとホームランが出たことはチームにとって大きな意味がある。

また、前回ヤクルト戦KOの雪辱を晴らすべく先発のマウンドに上がったメッセンジャーは、女房役・藤井のアクシデントや雨の中での登板となるも、打線の援護と粘りのピッチングを見せて7回2失点で今季初勝利。和田監督も「失点した後も踏ん張ってくれて、今日の1勝は大きい」と好投したメッセンジャーを称えた。

打線が繋がり、今季9試合目にしてスカッと気持ちのいい試合内容だったが、心配なのは、2回に顔面デッドボールをうけた藤井。メッセンジャーは「チーム全員で藤井さんのために頑張っていく」とヒーローインタビューで気遣い、チーム一丸でカバーして行く気概を示している。