試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評

指揮官、明日からのG戦で出直しを誓う

チャンスに猛虎打線が機能せず、終始流れを掴めないまま3対0と今季5度目の完封負け。引き分けを挟む4連敗で4月4日以来の勝率5割に戻った。

初回3者三振で好スタートを切った先発・安藤だが、2回先頭のブランコに先制アーチを浴びてリズムを崩し、その後も連打で走者を背負って堂上直にライトオーバー二塁打。たちまち中日に主導権を握られる。安藤は今季最短4回5安打3失点で降板した。

序盤から追いかける立場となった阪神は、大和、鳥谷の連打で作った4回表無死1・3塁の反撃機にも新井、マートン、ブラゼルのクリーンアップが揃って凡退して気勢が上がらない。ここで1点でも入っていたら…と悔やまれてならない。たまらずベンチは、早くも5回に代打攻勢を掛けるが実を結ばなかった。

中日先発・雄太は、変化球を多彩に操る巧い投球で要所を抑えて7回を5安打無四球無失点で今季初勝利を飾っている。中日は田島ー岩瀬と盤石に繋いで5連勝を飾り、単独首位に立った。

通算安打数で歴代8位長嶋茂雄さんの記録にあと1に迫っている金本は、出番がなかった。苦しい戦いの中で、鶴ー福原ー渡辺の救援陣の頑張りは称賛に値する。

「(今日は)4回が全てだった。(だけど)ごちゃごちゃ言ってもしょうがない。しっかり気合い入れて、明日から頑張ります!」。和田監督は、本拠地甲子園・巨人戦で貯金0からの出直しを誓っていた。