試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

好機にあと1本が出ず…

ホームが遠かった。西武先発・牧田に対して、1、2、4、6、9回と5度、走者を出し、うち3度は三塁まで進めながら、あと1本が出なかった。和田監督は「主導権を握れなかったのがすべて」と話した。

ブレーキになったのは「五番・新井」。4回は先頭・マートンが二塁打で出て、ブラゼルが進塁打(二ゴロ)で進めたが、続く新井は犠飛さえ打てなかった(結果は二ゴロ)。「ブラゼルがランナーを進めてくれたのに、申し訳ない」と試合後、新井は声を振り絞った。

6回は先頭・大和がプッシュバント&ヘッドスライディングで出塁し、鳥谷の犠打とマートンの二ゴロで三塁へ。ブラゼルが敬遠気味に歩かされた後、新井は9球粘ったが、右飛に倒れた。

和田監督は新井について、「すごく状態が悪いわけじゃない。実際、3打席目(6回)はいい当たりだった」とかばったが…。先発・メッセンジャーが7回にヒット2本で走者をためられ、片岡に3ランを浴びてこのゲーム初めて失点しただけに、6回のチャンスを逸したのは痛かった。

これでまた借金1。あしたの休みで気持ちを切り替えて、ロッテ戦に臨むしかない。