試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

思わぬ形での1点!岩田8回を0封

虎の子の1点は思わぬ形で入った。8回、先頭のブラゼルが右翼線への二塁打で出塁。代走に田上が出て、新井良の犠打で三塁へ進んだ。

一死三塁。打席には代打・関本。その2球目に捕手・細川が田上のリードが大きいと見て、三塁へ送球した。タイミングは危なかったが、ワンバウンドとなり、帰塁する田上と三塁手・松田が交錯する間に、ボールはファウルゾーンを転々。俊足の田上がホームを突き、貴重な1点が入った。

「内野ゴロでもホームにと思って、リードを大きめに取っていました。(バットに)当たった瞬間にスタートが切れるように。リードを大きめに取ったら、キャッチャーからのけん制もあると思っていました」

田上にとっては、不意を突かれたけん制ではなく、“想定内”のプレーだったのだ。

投げては、先発・岩田が8回を投げ、3安打無失点。9回は守護神・球児が締めて、チームは連敗を2で止めた。