試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

一進一退の熱戦も 痛恨の悪送球

激しいシーソーゲームも、またも勝負どころでのミスが命取りとなった阪神が惜敗で5連敗。

初回、巨人・阿部の犧飛で先制された阪神だが、2回表エンドランが裏目に出て三振ゲッツーを食らった直後、大和・今成・能見の3連続タイムリー長短打で鮮やかに逆転する。

リードをもらった阪神先発・能見だが、その裏、寺内・長野の一発攻勢に遭って、たちまち同点。それでも、直後の3回二死から新井兄弟の連打で2・3塁とすると、6番スタメン出場の関本が勝ち越し2点タイムリーヒットを放ち、巨人・杉内から序盤で5点を奪った。「1打席目のチャンスで打てなかったので、この打席は絶対に打ってやろうという気持ち」を表現したベテランの面目躍如だ。

ところが5回裏、谷・坂本の連打で無死2・3塁とされると村田のセカンドゴロを平野が本塁に送球。これが走者に当たり、一気に二者が生還する手痛い悪送球となって、さらに高橋由の犧飛で逆にリードされてしまう。村田の時には前進守備ではなかったのだが、「なんかこう、勝てない事で(チーム全体に)焦りがある。何とかしたい気持ちは分かるんだけど…」と和田監督が首をひねった。

その後、懸命に反撃を試みた阪神だが、6回一死1・3塁は今成が、8回一死満塁は代打桧山がそれぞれ併殺打に倒れた。結局、リリーフ筒井も7回に失点して7対5で巨人に連敗を喫した。

腰痛の金本が欠場する中で、新井兄弟が揃って3安打猛打賞など気迫ある攻撃を見せた阪神だが、エースの不振も手伝って、この日も勝利には結びつかなかった。「杉内攻略は出来たけど、その後が昨日と同じでもう一本が出ないな。これ以上負けられない!気持ちを出して行きますよ!」。和田監督が雪辱を誓っていた。