試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

初回にミス絡みで失点 痛い連敗

振り向けば、DeNAがどんどん近づいてきている。痛い連敗を喫して、ゲーム差は4。5位に上がれるかもしれないというモチベーションを得たチームと、3位以内さえ厳しくなってきたチームの勢いの差とでも言うのか…。

先発・岩田が3試合続けて初回に失点。しかも、四死球と自らのけん制悪送球で招いたピンチからの失点だから、タチが悪い。バックで守る野手はどうすることもできなかった。

打線はヤクルト先発・藤井のベテランらしい投球術にハマり、6回に1点を返すのがやっと。そこでタイムリーを打った四番・新井も、9回無死一塁のチャンスでは二ゴロ併殺に倒れた。

最終回には新井良、マートン、今成の3人にヒットが出たが、それも得点には結びつかなかった。相手の好守に阻まれた部分もあるが、タイムリー欠乏症は深刻だ。

「初回の2点を、たった2点と思えないチーム状況。選手も、もがきながら、何とかしようという気持ちは出ているけど、それが点数として出ていない。最後もう一息。そこの殻を破ると、違うものが見えてくるんだけど…」

試合後の和田監督の表情は、当然ながら厳しかった。これでDeNAとの直接対決は6勝7敗。せめて1つ勝って、五分に戻したい。