試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

全員の力でもぎ取った今季初勝利

見応え十分な攻防だったが、巨人の攻勢に耐えた阪神が勝利への執念と集中力で僅かに上回った。 

初回はジャブの応酬。巨人先発・杉内に対する阪神はゴメスの左犠飛で先制するが、その裏メッセンジャーが村田に中前適時打を許して1対1となった。

3回表 阪神は、初回に続き大和・西岡の連打でチャンスを作り、5番マートンが三遊間を破る左前適時打で再び突き放す。「甘いスライダーをきっちりミート出来た。ランディの為にも勝ち越し点が取りたかった!」とマット・マートン外野手の声も弾む。

援護を受けた先発メッセンジャーだが、4回には無死満塁の大ピンチ。一死後、巨人・原監督が杉内に代打・高橋由を送り早くも勝負に出るも、ギアを入れ替えたメッセンジャーは、フルカウントから絶妙のフォークボールで空振り三振を奪うと、続く坂本も渾身の外角直球で見逃し三振に斬って、見事に窮地を脱出した。

5回には一死2塁から再び村田に中前安打を許すが、センター大和が鋭いチャージからのダイレクト返球で片岡の生還を阻止!「同じような打球(初回村田の適時打)があったから、ホジショニングを少し前にして」備えていたのが、功を奏した格好だ。

再三ピンチを凌いたメッセンジャーだが、6回裏またも無死満塁とされ、代打・石井の右犠飛でついに追い付かれる。それでも坂本の左飛は、マートンの好返球で勝ち越し走者の生還までは許さない。「三者凡退でリズムを作って行きたかったけど、残念。今日は野手陣、特に外野手の大和・マートン・(セーフにはなったが)福留さんの好返球に助けられた」と話したランディ・メッセンジャー投手は、6回限りで降板。それでも、11安打されながらも2失点でよく耐えた!と言えそうだ。

終盤勝負の展開は、7回裏神2番手の安藤が好調ロペスに内角シュートを打たれレフトオーバーの適時二塁打を浴びて、この試合初めて相手にリード(1点)を許した。

巨人は8回表剛腕マシソンを送るも、マートンが高め速球をレフトへ同点1号ソロを叩き込み、阪神が3対3のタイに戻す。その裏のピンチでは、センターへ抜けていれば点が入っていた長野の打球をダイビングで止めた鳥谷の好守(記録は内野安打)が光り、4番手・福原を救った。

9回表 今成のヒットから野選・四球で無死満塁とした阪神だが、3番西岡の打球は一ゴロに…。ここで一塁手ロペスがベースを踏んでからの送球を捕手・阿部がフォースプレーと勘違いして、走者・上本にタッチせずにファーストへ返すという思わぬカタチで均衡が破れた。続くゴメスも左前適時安打を放ち、5対3とリードした阪神。最後は来日初登板となった呉昇桓が、橋本の執拗な粘りに遭うなど32球を要しながらも初セーブで締めくくった。

ヒーローインタビューは、攻守に大活躍の大和(前田大和)選手。2試合連続猛打賞と絶好調の要因を訊かれて、「ちょっと自分でも分からない。ホント出来すぎ。球に逆らわず謙虚に打つようにしている。(2番は)難しいところだが、遣り甲斐を感じている」と照れくさそうだ。

4時間21分の死闘を終えて疲れ切った表情の和田 豊監督は、「苦しい試合だった。ヒット16本も打たれて、よく3点に凌いでくれた。今日落とすと非常にイメージが悪くなるんで…全員の力でもぎ取った1勝!」に心から感謝していた。