試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

中盤の5失点を跳ね返せず

初回に連打と四球で招いた1死満塁のピンチは、ショートゴロの併殺打。

3回に走者を2人置いてDeNAの主砲・筒香を迎えた場面では、この日初めての奪三振。

4回2死1、2塁、5回2死3塁でも後続を断つ。

毎回のようにピンチを背負った先発・藤浪だが、要所を締め先制点は許さない。

しかし、援護したい打線もDeNAの先発・井能を捉えられない。5回2死から伊藤隼が四球で出塁するまで、1人も走者を出せず、伊藤隼も盗塁に失敗したため結果的には打者15人で5回の攻撃を終えた。

すると6回、捕手・梅野が後ろに逸らしてしまうような球が目立った藤浪は、3連打を浴び先制点を献上。相手投手に打たれた一打に「甘かったです」と反省の言葉を残し、イニング途中でマウンドを降りた。

2番手・岩崎もレフト・伊藤隼のまずい守備もあり、2本の適時打を許す。この回一挙に5点を失い、大きなビハインドを背負ってしまった。

6回を終了した時点で、最も歓声が起こったのは6回2死から鳥谷が代打で出場した時。そんな寂しい試合展開だっが7回、先頭の糸井が三遊間へ内野安打を放ち、ようやくHランプを灯す。さらに上本も安打で続いて無死1、2塁。ようやく訪れたチャンスで1死後、福留が「つなぐ意識しかないでしょう」とアウトコースのストレートを綺麗にレフト前に運び1点を返す。

8回には2死から梅野の死球と代打・原口の四球でチャンスを作ると、糸井がライト線へ適時2塁打。5月7日以来の複数安打をマークし、復調の気配を漂わせた。

リリーフ陣は伊藤和が2回を1安打無失点、藤川は9回を三者凡退に抑えて役割を果たし、打線も終盤にベテランが意地を見せ反撃したが、ビハインドを跳ね返すには至らず。中盤の大量点が響き、カード初戦を落とした。