試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

4発9得点の快勝で5連勝

接戦での連勝が続く中、序盤から小刻みに得点を重ね危なげなく快勝。本拠地甲子園で5連勝を飾った。

初回に糸井が2塁打で出塁し、プロ初スタメンとなった植田が送って1死3塁。スタメンを言われたのは今朝で緊張は「めっちゃしました」たが、「糸井さんが1番なので

出る確率は高いので準備は試合前からしてました」ときっちりバントを決めた。このチャンスに福留はフェンス際まで飛ばす大きなセンターフライを放ち先制に成功した。さらに2回と3回には若手がアーチで共演した。

2回1死1、2塁で打席に立った坂本がレフトスタンドに突き刺さる3点本塁打を放ち、これで試合の主導権を握った。続く3回に2点を返されるが、福留が出場する試合でも4番を任された大山が、こちらも負けじとレフトスタンドに叩き込む。

失点直後の一発に金本監督は「流れ引き寄せたね。練習通りの当たり。軸がブレず体の力がちゃんと伝わって。チャンスでも平常心でいいですね」と満足顔。

投げては能見ー坂本のバッテリーが持ち味を発揮。投手有利のカウントでも、打者有利のカウントでも、2死満塁で中日の主砲・ゲレーロを打席に迎えても、右打者の懐を何度も攻めた。2回に不運なイレギュラーヒットで2点を失い、なおも2死1、3塁のピンチでも長打力のある福田をインコースのストレートで空振り三振に仕留めた。

4回には2死2塁から糸井が、6回には1死2塁から坂本が適時打が適時打を放ち小刻みに加点する。じわじわとリードを広げると終盤にも再び一発攻勢。5点差をつけた7回には福留がバックスクリーンに本塁打。8回には前夜逆転の2点本塁打を放った中谷が2試合連続となる一発を左中間スタンドに運ぶ。

先発・能見が6回2失点と試合を作ると、終盤は継投へ。高橋、藤川は1死から走者を出したが次打者を併殺打に仕留め結果的には3人で抑える。最後は石崎が締め、福留が「ピッチャー陣に負担かけ過ぎていたし、少し休ませることが出来たのはチームにとって大きいと思います」と話したように桑原、マテオ、ドリスを温存したまま逃げ切りに成功。甲子園6連戦が始まる前、金本監督が描いた星勘定は5勝1敗だったが、怒涛の5連勝で早くもノルマを達成。2カード連続スイープ、6連勝は目前だ。