試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

金字塔へ王手!

優位に試合を進めながら、またしても形勢逆転を許した阪神が、今季2度目の同一カード3連戦の3タテを食らった。

広島先発・ジョンソンに対する阪神は、北條に代わって一軍再昇格の大和を2番ショートで起用する。初回 糸井・福留2四球の一死1・2塁から4番 大山のレフト線適時二塁打。中谷も右前2点適時安打で続き、鮮やかに1回表3点を先取した。

「打ったのはカットボール。初球はボール球に手を出してしまったけど、自分の持ち味である積極性を初球から出せて良い流れに持ち込めたので良い結果に繋げられたと思う」。先制打の大山悠輔内野手が話せば、中谷将大外野手も、「打ったのはチェンジアップ。追い込まれてしまったが、バットに当てて前に飛ばせば何かがあると思って食らいついた。いい当たりではなかったけど、良いところに落ちてくれてよかった」と振り返っている。

阪神先発は今季広島戦初登板の秋山。1~2回を無難に乗り切った秋山だったが、3回裏 一死後、投手のジョンソンに2ストライクと追い込んだ後の3球目を中前安打を許して1番 田中に右越え6号2ランを浴びて忽ち1点差に迫られる。

4回表 1安打2四球で一死満塁とした阪神は9番 秋山・内野ゴロの間に1点をあげ 2点差とするが、5回裏 秋山は一死1・3塁から3番 丸の右前適時安打、4番 松山の左犠飛で同点とされる。更に安部・西川に連続長打を浴びて、広島に6対4とリードを許してしまった。

秋山は5回(101球)を8安打 2三振 2四球 6失点。途中25分間の雨による中断もあったが、4年振りのマツダスタジアムは厳しい結果となった。「追い込んでから、カウントは作ったけど、粘り負けしたり(ボールが)甘くなってしまった」と秋山拓巳投手は、悔しそうに振り返っている。

広島はジョンソンを4回までで降ろして九里~一岡~今村~中崎と繋ぎ、猛虎打線を封じ込める。阪神は序盤のチャンスで糸井のヒット性打球がマウンドで弾んで結果として併殺打となるなど、この夜も運から見放されていた。結局、このまま広島に6対4で押し切られ天下分け目の3連戦に3連敗を喫した。(広島優勝へのマジックナンバーは8)

敗れた阪神では2人目・榎田が6回からの3イニングを無失点で凌いだ。また、注目の鳥谷は9回表の最終打席で左前安打をマークして、通算1999安打。いよいよ金字塔へ王手をかけている。鳥谷 敬内野手は、「明日 頑張るしかない。(2000安打達成と言うより)試合に勝つ事だけ考える」と話した。

メッセンジャー不在の中ではローテーションの中心的存在となる秋山拓巳投手だが、自らの連勝が止まっても「(広島には打たれたけど)次回はやりようがある」と言う。手応えとしては「直球で押せたところ」をあげて、今後のリベンジを誓っている。

「あと一歩のとこまで、昨日 一昨日・・まぁ、土壇場で。こら、もう流れだと思う、これは」。金本知憲監督は、悔しさを押し殺しながら3連戦を振り返る。「(だけど)去年よりは全然広島と戦えてるし、今日も紙一重。ホントに去年と(チームは)明らかに変わってるし、まだ力の差はあるけど、明らかに近づいている。終わったようなコメントになってしまってるけど・・(選手には)自信にして欲しい。ここ3つは、もう流れで取られた3試合だったんでね。(このままズルズルと)ボクは行かないと思うよ。(そんな展開に)しちゃいけないと思う、絶対それは。まぁ、勢いと流れには勝てないと言うか、それに勝るチーム力はなかった・・・そういう3連戦でしたね」。

何度も込み上げてくる思いと戦いながら、それでも力をつけたナインへの手応えを強調して、指揮官は次なる挑戦に心を燃やしていた。