試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

天敵を攻略し2試合連続サヨナラ勝ち

1点、1点、2点、1点。

初回から毎回の小刻みな得点で試合を優位に進め、3度対戦し3敗を喫していたDeNA先発の濱口を5回途中ノックアウト。前日の試合後、金本監督は「今年やられっぱなしなので、打線の方頑張ってほしい」と話していたが指揮官の言葉に打線が応えた。

初回、先頭・糸井の安打と俊介の送りバントで1死2塁とすると福留がセンター前に適時打を放ち1点を先制。先発・メンドーサは2回に3点を失うがその直後、1死1、3塁で打席に立つとレフトへ犠牲フライを放ち来日初打点を挙げる。

1点差に迫ると3回には1死から福留がセンターフェンス直撃の打球で激走し、一気に3塁へ。続く大山が1塁線を破る適時2塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。この回さらに押し出し四球で1点を追加。勝ち越しに成功すると、4回には先頭・糸井がソロアーチ。5回にも満塁のチャンスを作りDeNAの濱口を降板に追い込んだ。片岡打撃コーチは「今まで3試合やられて、その3試合の反省を活かしてくれた」

中軸から終盤にかけてはリリーフ陣が失点するが、どの回も続くピンチで決定打は許さず最少失点で凌ぐ。

打線は8回、先頭・俊介の四球から1死満塁とすると、森越が同点となる押し出し四球を選ぶ。

「ツーアウトになると次のバッターにプレッシャーかかるので、何とか1点と思ってました。人生最高のフォアボールでした(笑)」

9回にも先頭・鳥谷の安打からまたしても満塁とすると代打・伊藤隼がライトへ適時打を放ち前日に続いてサヨナラ勝ち。同一カード3連勝となった。

試合後の金本監督は次カードの巨人戦について「分が悪いんで、甲子園でお返しというか、いい試合をして勝ちたい」この勢いを必ず来週にもつなげる。