試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

スミ2勝利ならずも勝ち越しは許さず

熾烈な3位争いを繰り広げる巨人の次カードは、DeNAとの直接対決。しかし、そのカードを前にしてエース・菅野を中5日でぶつけてきた。

リーグを代表する好投手を攻略するべく初回1死から上本は意表を突くセーフティバントを試みる。これはファールになったが安打で出塁すると、糸井はフルカウントから5球連続でファールで粘り11球目をレフト前に弾き返す。スタートを切っていた上本は3塁に到達し、1死1、3塁から福留の打席で糸井が盗塁を成功させる。あの手この手で作った2死2、3塁。このチャンスに大山がレフト前に2点適時を放ち先制に成功した。

防御率1.69の投手の立ち上がりを叩くと、投げては先発・秋山が序盤3回をパーフェクト。巨人打線を一回り完璧に抑えた。

秋山の好投にバックも応える。4回1死1塁から巨人・坂本の放った大飛球はセンター・俊介がフェンスにぶつかりながらジャンピングキャッチ。6回には1死2塁からファーストファールフライをカメラマン席前で大山が好捕し、素早く3塁へ送球。タッチアップを試みた2走・マギーを刺した。

7回は好投の秋山からバトンを受けた高橋が三者凡退。対戦2人の左打者はいずれも三振に仕留めた。8回は桑原が1点を失うも、後続を併殺打に打ち取り同点は許さない。しかし、逃げ切り目前の9回にドリスが同点適時打を浴び、今カード2度目の延長戦へ。

10回、先頭の植田が四球を選び出塁すると俊足の植田が代走で起用される。1死後、代打・中谷の打席で1ボール2ストライクからスタートを切りプロ初盗塁をマーク。4球目でのスタートに「もう少し早めに決めたかった」と話したがタイミングは悠々セーフで持ち味を発揮した。

延長戦では3イニング続けて得点圏に走者を置きながらあと1本は出なかったが、強みのリリーフ陣はマテオが1イニングを3人で、石崎が2イニングを6人でピシャリ。最後は154km/hの豪速球で三振を奪い、反撃の糸口すら与えず。今カード2度目の引き分けとなった。