試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

盤石の試合運び

14安打を放って打線が繋がった阪神が効果的な得点を重ね、そつない投手リレーの盤石な試合運びで勝利を飾った。

神宮での対東京ヤクルト今季最終戦。相手先発右腕・由規に対する阪神は、糸井・福留に再昇格したロジャースでクリーンアップを組んだ。初回は上本・四球と糸井の右前安打で一死1・3塁とするが、福留・ロジャースが連続三振に倒れる。これで波に乗った由規は2~3回を完璧に抑えた。

阪神先発はルーキー小野。初回 1番 山崎に左前安打を許すが、ショート大和の好守もあって併殺などで切り抜ける。3回裏は中村・奥村と下位打線の連打から一死満塁とピンチを迎えるが、2番 藤井を見逃し三振、続くバレンティンはカーブでタイミングを外して二飛に打ち取った。

4回表 阪神は一死から福留・四球をきっかけにロジャースの左前安打鳥谷・四球で満塁とする。7番 大和の打席で中村の捕逸で先取点が入ると、大和も変化球をセンター前に落とす適時安打を放って2点目を奪った。「打ったのはフォーク。追い込まれてしまったので、とにかくバットに当てる意識で、前に飛ばせば何とかなると思って打ちに行った。見逃せばボール球だと思うが、外野の前に落ちてくれてよかった」。大和(前田大和)内野手は、このように話している。

5回表には二死後、四球の福留を置いて5番ロジャースが初球スライダーを左中間へ8月11日 DeNA戦(横浜)以来となる5号2点本塁打を取って、阪神が追加点を挙げた。「良い状態のときに一軍に呼んでもらえたので、いいイメージを持ちながら打席に入ることが出来ているんだ。全体の本数が多いわけではないけど、神宮球場ではよく打てているし、それがいい影響を与えているという事も多少はあると思うよ。好調を維持できるようにベストを尽くしていくよ」。久しぶりの感触にジェイソン・ロジャース内野手は、パンダ・スマイルを浮かべていた。

 小野は4回裏 2四球での二死1・2塁を凌ぎ、5回も3四球で二死満塁と制球を乱してピンチを招いたが、5番 坂口を3球三振に仕留めて辛うじて脱出する。5回を3安打4三振無失点でも、6四死球を出して101球を費やした辺りは次への課題となりそうだ。「無駄なフォアボールを出してしまい、球数が多くなった事で、早い回でマウンドを降りる内容になってしまった。反省しないといけない」。小野泰己投手は、厳しい表情だった。

阪神は6回から継投に入るが、代わった岩崎が打ち取ったリベロの飛球をセカンド植田が深追いしたのが目に入ったのか?糸井が落球する間に1点を失う。それでも、直後の7回表にヤクルト3人目・山本から8番 梅野の中前2点適時安打、代打・伊藤隼の右中間適時二塁打、1番 俊介・左前適時安打で阪神は一挙4点を取って、8対1と突き放した。記録に表れづらいヤクルト守備陣の細かいミスも、阪神には幸いだったと言えそうだ。

これで『安全圏』の阪神だが、7回からも石崎〜高橋〜藤川と繋いでがっちりと逃げ切って 8対1とヤクルトに快勝。2位でのCS進出へまた一歩前進している。3安打のヤクルトは4回以降ノーヒットで今季90敗に到達。今季のヤクルト戦を18勝7敗で終えた阪神だが、トータルでの勝ち越し数(貯金)も15となった。

「勝利に貢献出来たから良かった。今日は本塁打以外にもヒットが出たし、勝利に貢献出来たと思う。何処であろうとやるべき事は同じだけど、ここは良く打ててるから好きな球場ではあるね!」。ヒーローインタビューでは、ジェイソン・ロジャース内野手が声を弾ませていた。

「(ロジャースはファームでは打っていても)上ではどうかな?」と懐疑的だった金本知憲監督がスタメンを決断したのは、片岡篤史打撃コーチの「強烈な推し」があったからと指揮官は明かす。「(本当は)もう少し 外国人らしい強い当たりが欲しいんだけど、この時期 結果が全てだから・・」。

プロ2勝目をマークした小野に関しては、「四球・四球で課題は山積だったけど、(好投しても白星がつかない時期が長く続いた事を考えると)今日は白星がついたので、良く粘った!と言うことにしておこう」と話して、今季最後の神宮を後にしている。