試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

連敗の悔しさは敵地で晴らす

前日の完封負けを振り払うべく、初回に1死から上本が安打を放つと、すかさず盗塁。2回にも鳥谷が盗塁を決め、先制機を演出。序盤は足を絡めて相手先発のウィーランドを攻めた。

先発の岩田は抜群の立ち上がりだったが3回、打ち取った当たりが2本続けてセンター前に落ちる不運もあり先制点を許してしまう。

それでも岩田はここから粘る。なおも2人の走者を置いて上位打線を迎えたが、しっかりと後続を断つ。4回にも安打と四球で1死1、2塁とした場面も狙い通りの併殺打で切り抜ける。5回も2死3塁のピンチを凌ぎ、前半を1失点にまとめた。

何とかこのまま1点差で終盤勝負に持ち込みたいところだったが、6回に2失点。最低限、試合を作ったが金本監督は岩田について「判断が難しい。ポテンヒット3本ぐらいあったけど、ピッチャーに打たれたところからの失点だから。そこはバッテリーで反省してほしい」ウィーランドに打たれた安打がきっかけで先制点を奪われた場面を反省点に挙げた。

反撃したい打線は直後の攻撃で1死から上本が2本目の安打を放ち出塁する。続く福留の打球は高く舞い上がりライトスタンドへ・・・これで1点差かと思われたがもうひと伸び届かず、捕球されたことを確認すると福留は思わず天を仰いだ。

終盤には8、9月絶好調だった藤川と石崎が被弾しリードを広げられてしまい、打線も最後まで沈黙。片岡打撃コーチは「ストレートとの速度差にポイントをちょっと出されていた。やり返すしかないね」金本監督は「やっぱり甲子園で勝たないと。ファンに申し訳ない」

CSに向けてやや不安の残る試合となってしまったが明るい材料もある。この日、右足腓骨骨折からの復帰を目指すメッセンジャーが甲子園でブルペン入り。投球練習を見守った香田投手コーチは「まだゲームで投げていないからね」としながらも「まだリハビリの途中ですけど、随分といい球、普段と変わらないような球を投げていた」助っ人の復活は近い。

甲子園でまさかの連敗となったが、明日は移動日。気持ちを切り替えて横浜スタジアムに乗り込み、この悔しさを晴らす。