試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

高橋遥の好投と大山の一打で3連勝

プロ2年目の左腕が広島打線を牛耳った。

先発・高橋遥は立ち上がりに安打を許すが3番・西川、4番・鈴木を連続三振。その後もアウトコースに投げ込まれたキレのあるスライダーに左打者のバットは空を切り、インコースにズバッと決まるストレートに右打者は手が出ない。5回までに7つの三振を奪い無失点、ピンチらしいピンチすら作らなかった。

援護したい打線は初回に近本の安打と糸原の死球で無死1、2のチャンスを作っていた。しかし好調の糸井は併殺打、大山は三振に打ち取られてしまう。先制機を逃すと広島先発の床田を攻略出来ず、互いに無得点のままイニングが進んだ。

後半になっても高橋遥の快投は続き、6回は広島の上位打線を三者凡退、7回は中軸の3人を内野ゴロ3つに打ち取る。するとその裏、4番のバットが甲子園を沸かせた。

先頭の糸井が安打で出塁し、続く大山がインコースの球を綺麗に捉える。打球が左中間フェンス際まで転がる間に1塁から糸井が長駆生還、試合の均衡を破った。

「本来はしっかりバントを決めなければならない場面でしたが、切り替えて目の前のボールに集中しました。(高橋)遥人も頑張ってくれているので、先制することができてよかったです」

バントを2球続けてファールにし追い込まれていたがフルカウントまで持ち込み、最後は技ありの一打でチームに先制点をもたらした。

援護点をもらった高橋遥は得点した直後の大事なイニング、8回表もきっちり3人で抑え流れを渡さない。8回4安打9奪三振で無失点、無四死球と抜群の内容で試合を作った。

「いつもみんなから『思い切って投げてこい』と言われているのと、試合になったら梅野さんが引っ張ってくれるので、思い切って投げることが出来ました」

1点リードの9回はドリスが2つの三振を奪い三者凡退、虎の子の1点を守り切った。広島相手に3連勝、上昇気流に乗り明日からは首位・巨人を甲子園で迎え撃つ。