試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

エース対決は総力戦での大接戦

オールスター前最後のカードは伝統の一戦。しかも先発投手は西対菅野というエース対決で幕を開けた。

西は立ち上がりに珍しく2四球を与え先制点を奪われるが、2回に女房役のバットが相手エースの失投を捉えた。

2回2死から坂本が甘いストレートを逃さず強振すると、打球はグングン伸びてレフトフェンスの向こう側に着弾。あっという間に試合を振り出しに戻した。

「早く追いつきたかったので、ホームランになってくれて良かったです」

攻める時間はさらに続く。この回に追加点とはならなかったが西、近本、糸原の3連打で満塁と菅野を攻め立てる。3回には2死1、3塁から坂本が適時打をセンター前に放ち勝ち越しに成功した。

西は4回と6回に失点したものの6回3失点。「坂本と公式戦で初めてバッテリーを組みましたが、良いリードに引っ張ってもらい、野手の方々にも助けてもらったおかげで何とか最低限粘ることはできました」と試合を作った。

打線も6回までに2桁安打と相手ベンチにプレッシャーを与え続け、1点ビハインドの7回には先頭・マルテの2塁打と高山の送りバントで1死3塁とする。このチャンスに代打・原口の打球は飛距離十分のセンターへのフライ。犠牲フライとなり同点に追いついた。

しかし8回、防御率0.56と鉄壁を誇っていたジョンソンが自らの牽制悪送球も絡み勝ち越し点を奪われてしまう。その裏に1死1、2塁のチャンスは作ったが大山は三振に倒れ、代打・上本の当たりは相手のファインプレーに阻まれホームが踏めない。9回にも2死1、2塁と同点、逆転の走者を出したが1点及ばず。延長戦の可能性もある中ベンチに残っていた野手は梅野と北條だけ、総力戦で挑み食らいついたが4連勝とはならなかった。