試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

ガルシア好投も待たれる打線の奮起

互いに無得点イニングが続く投手戦、先発のガルシアが投げて打って守ってと攻守に躍動した。

まずは初回、先頭打者に2塁打を打たれいきなりピンチを招いたが後続を打ち取り無失点で切り抜ける。ピッチャー返しの打球を受け心配されたが2回以降も快調なピッチングを披露した。

テンポ良くアウトを稼ぐ助っ人はバットでも魅せる。3回1死1塁で打席に立つと投手と三塁手の間に強い打球を転がす絶妙のバントで内野安打。先頭打者だった6回には1、2塁間を破りライト前に安打を放った。

援護したい打線はガルシアのこの安打を起点に糸井の安打と大山の四球で2死ながら満塁のチャンスを作る。しかし初球を叩いたマルテの打球はいい当たりのショートゴロ。先制はならなかった。

4、5、6回と3イニング続けて三者凡退のピッチングを続けていたガルシアは7回に3回以来となる走者を出したがここでもホームを踏ませない。しかし8回に1死3塁のピンチを背負うと内野ゴロの間に1点を失う。三遊間への強い打球を前進守備のショート・木浪がファインプレーで捕球したが1塁送球で精一杯だった。

9回にも1死2、3塁のピンチを招くが坂本が素早い牽制を三塁に送りタッチアウト。2死2塁から3番手の島本はセンター前に安打を打たれるが生還を狙った走者を近本が刺す。守備のビッグプレーが続いて2点目を防いだ。この流れを攻撃につなげたいところだったが逆転サヨナラとはならず前日に続き1点差で敗戦。首位攻防戦でこれ以上負けるわけにはいかない。明日の先発は長年ローテーションの大黒柱を務めてきたメッセンジャー。節目の試合での登板にこだわり持つ大型右腕に前半戦ラストゲームを託す。