試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

PJやられた!ショックな黒星

接戦で終盤勝負となった球宴明け最初のゲームだが、自慢のリリーバーが決勝点を失って阪神が後半戦の出鼻を挫かれた。

前半戦5勝をマークしている中日先発左腕・大野雄に対して、阪神は球宴前の巨人戦を欠場した梅野が6番で復帰。7番レフトに陽川を起用して臨む。大野雄は1〜2回を3者凡退で順調に立ち上がった。

中日は3番アルモンテ。6番 阿部などを配して元同僚の阪神先発・ガルシア攻略を図る。ガルシアはいきなり平田・大島に連打を喰らい無死1・2塁とされる。アルモンテはフルカウントから空振り三振。走者がスタートを切っていた為、併殺となるが、直後に4番ビシエドの左越え適時二塁打を浴びて初回から先取点を奪われた。2回裏にも先頭 阿部の中二塁打から一死3塁とされるが.ここは木下拓・大野雄の8・9番を連続三振に斬って何とか凌いでいる。

3回表 阪神は先頭7番 陽川がカウント2-1からの速球を右に運びライトスタンドへ飛び込むチーム初安打となる2号ソロ本塁打を放って同点とした。「先頭だったので、しっかり強いスイングをして、どんな形でも塁に出たいと思っていた。良い形で捉える事が出来た」。スタメン抜擢に応えた陽川尚将内野手も結果を出して、ひとまず安堵の表情を浮かべている。

4回表にも二死から大山・四球とマルテ左二塁打で2・3塁と好機を演出したが、6番 梅野は見逃し三振に倒れた。この攻撃でマルテが2塁へ滑り込んだ際 足を痛めた模様。その後 5回裏の守備からベンチに退いている。

阪神は、6回表 先頭 近本が粘った末に中前安打で出塁。糸原の二ゴロで一死2塁となって3番 糸井の変化球を捉えた中前適時安打で待望の勝ち越し点が入った。

3回から立ち直り リードをもらったガルシアだが、その裏二死から3番アルモンテに真っ直ぐを叩かれて右翼ポール際へ同点3号ソロ本塁打を喫する。2勝目を挙げた6月2日(対広島・甲子園)以来、白星から遠ざかっているガルシアにとっては痛恨の一発になった。6回(100球)7安打5三振 無四球 2失点。「序盤は球数が多くなってしまったけど、そこから修正して自分の思う球を投げる事は出来ていただけに、アルモンテへの失投となってしまった1球が凄く悔しい。野手のみなさんが点を取ってくれた直後に追いつかれてしまって、申し訳ない気持ちです」。オネルキ・ガルシア投手が悔しさを滲ませた。

2対2で終盤に入った熱戦。阪神は7回裏から得意の継投に入る。2人目・藤川は3者凡退に抑えるも、8回裏登板したジョンソンが誤算だった。平田のライト後方を襲った大飛球を糸井がラバーフェンスにぶつかりながらジャンプ一番好捕した超美技で二死となった後、大島・左前安打で走者を許すと3番アルモンテにセンター右を襲う適時二塁打。ビシエドにも左中間突破の二者連続となる適時二塁打を浴びて決定的な2点を失ってしまう。

中日先発・大野雄は8回(113球)を投げ 5安打4三振1四球2失点で、9回表をR.マルティネスに託した。阪神は3者凡退に封じられて4対2と敗れた。中日は5連勝。阪神は球宴を挟んで4連敗となり、負け越しは3つに増えている。

「野球では2アウト。2ストライク(から)ってね。ガルシアもそうでしょ? ホッとしたらあかんよ!って言うけど、ホッとしてないし。それでもまぁ、やられる事もあるけど・・」。二死からの失点を問われた矢野燿大監督だが、苦笑いを浮かべながらも 打たれた2投手を殊更責める気持ちは無かった。「(ジョンソンは状態としても)全然悪くないよね。勿論ちょっと甘く入ったのを打たれたというのは有ると思うし。まぁ、そんなん言い出したらキリが無いからね〜。(相手も)研究もしてくると思うし、球種も多い投手じゃないから。(時には)そう言う事もあるでしょう」。先発ガルシアに関しても、「(立ち上がりは制球に苦しんでいたけど)まぁ、粘ったんじゃない? ・・内容的には、よく粘ってくれたと思うし」と労った。

途中交代となったマルテについては、「前と同じ箇所(ふくらはぎか?)で本人も痛いながらもやってたんだけど、現状 明日明後日はちょっと厳しいかな?と言う感じなんで。様子を観ながらなのか?取り敢えず、今すぐ抹消とか(しないとか)言えるような感じではない」と話した。

オールスターで猛虎勢が大活躍した勢いで後半戦も良いスタートが切りたかった指揮官だが、球宴明け初戦は黒星となった。しかし、まだまだ残り58試合。逆襲の余地は十分にある。