試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

『紙一重』 なのに!

お互いにチャンスで決定打を欠く展開となったが、最後は阪神が重圧に屈し今季4度目のサヨナラ負けを喫した。

中日先発は、阪神が昨季対戦成績 1勝3敗と苦戦した松坂。初回 阪神は先頭・近本の中前安打と盗塁。糸原・右前安打で無死1・3塁として3番 糸井が中犠飛を打ち上げて先取点をあげる。

しかし、阪神先発・岩田も不安定な立ち上がりとなる。初回 平田・大島の連打とアルモンテ・死球でいきなり無死満塁となり、4番ビシエド・二ゴロの間に同点。続く高橋の左前適時安打で、相手にあっさり勝ち越しを許した。尚も続くピンチは、走者・高橋を刺した捕手・梅野の一塁牽制に救われて何とか凌ぐ。このプレーで中日・高橋は帰塁の際に右手を負傷し、次の守備からサードには堂上が入った。

3回表 阪神は二死から近本・中前安打と糸原・四球で1・2塁として3番 糸井が初球の変化球をライト線に運ぶ適時二塁打を放ち、同点とする。「打ったのはチェンジアップ。二死から1・2番がチャンスを作ってくれたので、まずは同点に!と思っていた」と糸井嘉男外野手は振り返る。その後の二死満塁では、5番 陽川が外角直球で見逃し三振に倒れた。

岩田は、その裏一死後 アルモンテ・ビシエドの連打で1・2塁とされるが、途中出場の堂上を二飛。続く6番 阿部も右飛に打ち取り、ピンチを逃れている。続く4回裏にも一死から木下拓に二塁打を浴びた岩田だが、ここも何とか後続を抑えた。

今季一軍初登板の松坂もピリッとしない。5回表は一死から近本・糸原に連続死球をあたえる。だが、このチャンスに糸井は一ゴロ。大山も中飛に倒れて阪神もあと一押しが出来ない。松坂は、この回までで交代。5回(95球)4安打2三振4四死球 2失点だった。

その裏 一死から岩田はまたしてもアルモンテ・ビシエドに連打を喰らう。走者1・2塁とピンチとなるが、ここも途中交代の堂上を投ゴロ併殺に打ち取り難を逃れた。前半は双方共に再三チャンスを築きながらも、しっかりとモノに出来ない不快指数が高い展開である。

中日は、6回表から継投に入る。谷元〜福〜ロドリゲス〜岡田が1回ずつをそれぞれノーヒットに抑えて行く。阪神も7回を藤川。8回はジョンソンが無失点に封じた。

岩田 稔投手は、6回(86球)まで投げて 9安打4三振1死球2失点。「序盤は相手打線を警戒しすぎて、有利なカウントを作れずに失点してしまった。途中から大胆に攻める事を意識して、打たれたヒットもほとんどがゴロヒットだったし、なんとか粘る事は出来たかな?と思う」と振り返っている。

そして迎えた9回裏。阪神は、4人目に小野を選択する。一死から代打・井領に四球を与えたのがケチのつけ始めとなり、平田に中二塁打を浴びて2・3塁とされる。満塁策で大島を敬遠したが、続く3番アルモンテにもカウント3-1から四球を与えて押し出し。3対2と中日がサヨナラ勝ちを決める。中日はオールスターブレイクを挟んで6連勝。今季4度目のサヨナラ負けを喫した阪神は2度目の5連敗となり、中日に並ばれて3位に転落した。

「チャンスはあるんだけどね。本当にあと1本とか。小さい事をミスしたりとか、取れるところを取れてないので、こう言う展開になってしまう」。矢野燿大監督も嘆き節が止まらない。首位と11・5ゲームと差が広がる一方だが、「それを考える余裕はない。チームをどうするかだけやし。前を向いてやって行くしかない。圧倒的にやられたとか、そう言う試合じゃないから。紙一重の試合でずっと連敗になってしまっている。その紙一重が大きい部分ではあるんだけど」。

それでも、指揮官は怯まない。「(数字上の事をあれこれ考えて日々プレーするより)どうやって成長するか?を考えてプレーする方がチームの為になると思う」と話して、これからも基本方針は変えずに戦い続ける決意を改めて示していた。