試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

後半戦初勝利は劇的なサヨナラ勝ち

後半戦最初の甲子園でのゲーム、大事なマウンドを託されたのは期待の若手左腕・高橋遥。ここまで勝ち星こそ2勝2敗の五分だが防御率は1.80と抜群の安定感を誇っている。今日も2つの三振を奪う好調な立ち上がりを見せ、ストライク先行の快調なピッチングは2回以降も続く。3回までは無安打投球、4回に連打を浴びるもピンチを凌ぎ5回は三者連続三振、前半だけで早くも9奪三振と快投を披露した。

そんな高橋遥の好投に打線も応える。2回、先頭の大山が2塁打を放ち、続く原口の進塁打で1死3塁。チャンスを作ると高山が綺麗なセンター返しで先制に成功した。

「なんとしても先制点が欲しい場面だったので、還すことができて良かったです。追い込まれていたので食らいついていきました」

高橋遥は7回を投げて10奪三振2失点、「勝負所で粘ることができず、リードを許した展開でマウンドを降りてしまいチームに申し訳ない気持ちです」6回に逆転を許し反省の言葉を残したが先発としてしっかり試合を作った。2番手の能見が8回をピシャリと抑えるとその裏に甲子園は大いに沸いた。

1死から近本が左中間への2塁打で出塁し、続く糸原の適時打で同点のホームを踏む。土壇場で試合を振り出しに戻し、さらに糸井の安打で1死1、3塁とチャンスを拡大。絶好の勝ち越し機に大山の打球はセンター前にポトリ、糸原の代走として出場していた植田が生還を果たした。

1点リードの9回、守護神・ドリスが同点を許すがドラマはその直後に待っていた。代打・北條の2塁打と陽川のバントで1死3塁とし、2安打を放っている近本が打席へ。2球目を叩くと犠牲フライには飛距離十分の打球がレフトへ飛び、3走・江越が決勝のホームへ滑り込んだ。サヨナラ勝ちを収めた矢野監督は「タイガースファンの皆さんにはたくさん来ていただいて、喜ばすと言いながら中々そういう試合が出来てないので(明日は)西らしいピッチングして、打線もガンガン打ってという試合が出来るよう精一杯頑張ります」連敗を止め、明日からは連勝だ。