試合情報

レクタングルバナー

一軍試合速報

TOP > 試合情報 > 一軍試合速報

FlashPlayerのバージョンが低いか、インストールされていません。

  • 最新のスコア
  • テーブルスコア
  • 試合経過
  • ベンチ入り選手
  • 選手コメント
  • 戦評
  • 熱狂メーター

苦境凌いだ!価値ある勝利

序盤に相手エースから大量点を奪った阪神だが、先発右腕突然の乱調で中盤以降苦しい展開になる中、何とか僅差で振り切った。

広島先発の大瀬良は、今季左打者が課題。阪神は陽川を外し、3番で糸井を6試合振りに起用する。大瀬良は、初回を簡単に3者凡退で立ち上がった。

阪神先発・藤浪に対して広島は、野間・羽月の1・2番で迎え撃つ。初回この2人を連続三振に斬った藤浪だが、羽月は振り逃げで生かし走者を背負う。3番 堂林は中飛。鈴木誠の初球に羽月が走るも、梅野が刺して無失点で滑り出した。

2回表 阪神はサンズ・大山の長短打で無死2・3塁とする。ボーアが倒れた後、7番 梅野は追い込まれながらも一二塁間へゴロを転がし、ファースト松山の野選を誘い先取点を奪った。続く小幡は一塁線にセーフティスクイズを決め、プロ初打点。敵失(松山の一塁悪送球)も絡んで 一塁走者・梅野まで生還し、この回 阪神に3点が入った。

「良い所に転がすことが出来たし、切れなくてホッとした。1点で終わらずに追加点を取る事が出来て良かった」。記念すべきプロ初打点を適時打で飾った小幡竜平内野手が話している。

3回表 阪神は先頭・木浪がラッキーな内野安打。糸井が左中間安打(19打席振りヒット)で続き無死1・3塁とする。4番サンズは追い込まれながらも内角球を巧く捌いて三遊間突破の適時安打を放ち追加点をあげる。この後、二死満塁となって8番 小幡のニゴロは微妙なタイミング。阪神のリクエストで判定がセーフに変わり、小幡の2打席連続適時内野安打で5対0と阪神がリードを広げた。

ジェリー・サンズ外野手は言う。「打ったのはストレート。木浪と糸井さんが良い仕事をしてくれたから、走者を還すという自分の仕事に集中していたよ。追い込まれていたけれど、上手く反応出来て良かったね」。2打席連続打点となった 小幡竜平内野手も、「打ったのはカットボール。とにかくセーフになりたい一心で、無我夢中で走った。満塁のチャンスで追加点を取る事が出来て良かった」と振り返っている。

広島・大瀬良は3回(71球)7安打3三振1四球5失点で降板。味方のミスに足を引っ張られた不運もあり、気の毒に映った。2人目・ケムナは2イニングで5三振を奪う好投で自軍に良い流れを作る。

序盤は無難に乗り切った藤浪だが、4回裏一死から堂林・右越え二塁打、鈴木誠・四球で1・2塁とされ、5番 松山に左前適時安打を浴びる。尚もピレラ・四球で一死満塁となったが、會澤・田中広から豪速球で連続三振を奪い、ここは最少失点で切り抜けている。

5回裏には先頭・大盛に四球を与え、代打・曽根に左前安打。送球間に進塁を許して無死2・3塁とされる。2番 羽月・投ゴロの間に失点。堂林・四球で一死1・3塁となり、鈴木誠は二飛に打ち取るが、5番 松山に2打席連続の左前適時安打を浴びて5対3。続くピレラには詰まった右前テキサス適時安打を打たれて、遂に1点差。更に會澤への初球カットボールが抜けて死球をぶつけた時点で、堪らずベンチは交代を告げた。二死満塁で代わった岩貞は8番 田中広を遊ゴロに打ち取り、辛うじて食い止めている。岩貞は、次の回まで投げてリードを保つ。

岩貞祐太投手は、「いつも丁寧に投げることを意識しているが、今日も丁寧に投げてゼロで抑える事が出来て良かった。これを継続していきたいと思う」と話している。

中盤まさかの暗転で白星を逃した藤浪晋太郎投手は、4回2/3(102球)6安打6三振5四死球4失点。「序盤に大量得点を取ってもらった中で、本来はもっと長いイニングを投げなければいけない展開だった。調子自体は悪くなかったけど、5回の先頭打者に四球を出してしまったところからつけ込まれてしまい、悔しい投球になった」と、悔しそうに振り返っていた。

7回表 阪神は、広島4人目・島内から四球・失策絡みで二死1・2塁として7番 梅野が右前安打を放つが、ライト鈴木誠の好返球に走者サンズが本塁憤死。追加点を奪う事が出来ない。その裏 阪神は3人目ガンケルを投入するが、先頭・鈴木誠に左前安打を打たれて忽ち走者を背負う。それでも、松山・ピレラをニゴロに打ち取り、二死3塁から7番 會澤を変化球で空振り三振に斬った。

8回表 広島5人目・藪田の前に二死を取られた阪神だが、ここまで無安打だった1番 近本が値千金の右越え3号ソロ本塁打を放ち、2点差と突き放す。その裏は、阪神・馬場が3人で片付けた。

広島・中田が投げた9回表は二死から大山がレフト線の長打コースにヒットを放つが、レフト・ピレラの返球で2塁で刺され無得点に終わる。その裏 阪神はクローザー・スアレスを送るも、一死後 堂林に左中間二塁打。暴投で三進を許す。鈴木誠は三ゴロで1点は取られたが、最後は5番 松山を三ゴロに仕留め、6対5で阪神が何とか逃げ切った。チームは勝率5割復帰で、中継ぎの岩貞が3勝目。スアレスに11個目のセーブが付いている。

「あの場面(一死1・3塁)だったので、そういうサイン(セーフティスクイズ)が来るだろうなと予想してたので、意外と冷静に行けました」。プロ初打点から2打席連続適時打の 小幡竜平内野手が、プロ入り初めてのヒーローインタビューに答える。初出場から盗塁・安打・打点と「色々出来過ぎて凄くビックリはしてるけど(ファームから)上がって来て、ずっとこの舞台でプレーしてる自分の姿を想像しながらベンチではいたので」それが好結果に繋がったと冷静に分析していた。

藤浪が突如乱れて中盤以降は本当に苦しい展開だったが、一度も追いつかれる事なく際どく広島をかわす事が出来た陰には、捕手・梅野の存在が大きい。いつもながら各投手の荒れ球を止めて、苦心のリードで勝利に導く姿。一丸野球の中で、攻守に渡って一際光っていたように感じられた。